【ジロ・デ・イタリア14】後半の山岳ステージで勝負と新城幸也 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ジロ・デ・イタリア14】後半の山岳ステージで勝負と新城幸也

スポーツ 短信

プレゼンテーションの舞台裏。チーム登場時にアテンドを務める女性とリラックスした様子の新城
  • プレゼンテーションの舞台裏。チーム登場時にアテンドを務める女性とリラックスした様子の新城
  • 【ジロ・デ・イタリア14】後半の山岳ステージで勝負と新城幸也
ジロ・デ・イタリアが英国・北アイルランド地方のベルファストで開幕し、新城幸也(ヨーロッパカー)が5月8日に行われたチームプレゼンテーションに登場した。

第1ステージに先駆け、ベルファストの市庁舎前で行われたチームプレゼンテーション。あいにくの冷たい雨にもかかわらず、たくさんの観客が詰めかけ、選手に声援を送った。

ヨーロッパカーは上下ウエア姿で登場予定だったが、あまりにも気温が低く、待ち時間なども考慮するとこれから過酷な21日間に挑む選手の脚を冷やさないようにと、アフタージャージを着用しての登場となった。

「4月27日のリエージュ~バストーニュ~リエージュを走ってからは、しっかり休養の時間を取ったので、まずは走ってみないと調子はわからない状態」と新城。
「シーズン序盤に追い込んできて、かなり調子も上がっていたので、一度この休養でフレッシュな状態でジロに入らなければ3週間乗り切るのは難しいと判断しました。そのため前半は様子を見ながら徐々にコンディションを上げ、後半の山岳ステージに備えたい。もちろんチャンスがあればステージ優勝を狙います。3週間応援よろしくお願いします」

これまで、ジロ・デ・イタリア1回、ツール・ド・フランス4回と過去5回出場のグランツールをすべて完走してきたという経験もあり、落ち着いた様子で開幕を迎えた。

第1ステージはベルファスト。タイタニック号をテーマにしたウォーターフロント「タイタニック・クオーター」前をスタートし、国会議事堂前を折り返してベルファスト市街地を通りゴールする、21.7kmのチームタイムトライアル。ヨーロッパカーのスタート時間は日本時間の午前2時35分だ。
《》

編集部おすすめの記事

page top