Google、「自動運転カープロジェクト」の動画公開……市街地で工事や自転車、歩行者にも対処 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

Google、「自動運転カープロジェクト」の動画公開……市街地で工事や自転車、歩行者にも対処

新着 技術

歩行者や自転車などを認識して停車している
  • 歩行者や自転車などを認識して停車している
  • カリフォルニア州マウンテンビュー市を走行するGoogleの自動運転車
  • 手を離してコーナーを曲がる様子
  • 自転車が車線に入ってきた
 米Googleが、同社の「自動運転カープロジェクト」の進展状況を公表し、動画を公開した。市街地走行にありがちな自転車の割り込みや道路工事による車線変更なども行えることを伝えている。

 同プロジェクトでは、これまで高速道路での実証実験を行っていたが、各種ソフトウェアのアップデートにより、市街地での走行に対応するようになったという。今回は、同社のあるカリフォルニア州マウンテンビュー市を走行する模様を動画で公開。まだ一部とはいえ、市街地走行に対応したことを示した。

 動画では、走行車線に駐車している車両があった場合、工事していて車線がふさがっている場合、自転車が蛇行して自分の車線に入ってきた場合、右折時に横断歩道に歩行者や自転車がいる場合などに車線を変更したり、歩行者が通り過ぎて安全なことが確認できてから動き出す様子などが映し出されている。動画を公開したGoogle公式ブログでは、「昨年ならどうしようと途方にくれていたことも、徐々にマスターしてきている」と進展状況を報告している。
《関口賢@RBBTODAY》

編集部おすすめの記事

page top