実業団栂池は狩野智也が新記録で優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

実業団栂池は狩野智也が新記録で優勝

 第13回全日本実業団個人タイムトライアル選手権は6月14日、長野県の栂池高原で開催され、狩野智也(シマノレーシング)が1時間23分49秒で優勝した。

バックナンバー 過去ニュース
 第13回全日本実業団個人タイムトライアル選手権は6月14日、長野県の栂池高原で開催され、狩野智也(シマノレーシング)が1時間23分49秒で優勝した。
  •  第13回全日本実業団個人タイムトライアル選手権は6月14日、長野県の栂池高原で開催され、狩野智也(シマノレーシング)が1時間23分49秒で優勝した。
 第13回全日本実業団個人タイムトライアル選手権は6月14日、長野県の栂池高原で開催され、狩野智也(シマノレーシング)が1時間23分49秒で優勝した。

 日本一のヒルクライマーとしてすでに10年近く君臨している狩野が、11年前にフランス人のブリーが記録したコースレコードを17秒更新し、同レースで5回目の勝利を手にした。
 レースは、昨年同様に宇都宮ブリッツェンの長沼隆行との戦いになったが、1本目の登坂で大差をつけた狩野が、総合タイムで1分40秒の差をつけて今シーズンの初勝利を飾った。実業団シリーズの総合1位選手に与えられるルビーレッドジャージは、ツール・ド・熊野で活躍したチームメートの鈴木真理が守った。
《編集部》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top