実業団の富士山国際ヒルクライムで狩野智也が優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

実業団の富士山国際ヒルクライムで狩野智也が優勝

バックナンバー 過去ニュース
 10月7日に静岡県駿東郡小山町のふじあざみライン(須走口登山道)で全日本実業団富士山国際ヒルクライムサイクルロードレースが開催され、スキル・シマノの狩野智也(34)が優勝。実業団大会のシリーズ総合で争われるJツアーランキングでも首位に立ち、ルビーレッドジ
  •  10月7日に静岡県駿東郡小山町のふじあざみライン(須走口登山道)で全日本実業団富士山国際ヒルクライムサイクルロードレースが開催され、スキル・シマノの狩野智也(34)が優勝。実業団大会のシリーズ総合で争われるJツアーランキングでも首位に立ち、ルビーレッドジ
 10月7日に静岡県駿東郡小山町のふじあざみライン(須走口登山道)で全日本実業団富士山国際ヒルクライムサイクルロードレースが開催され、スキル・シマノの狩野智也(34)が優勝。実業団大会のシリーズ総合で争われるJツアーランキングでも首位に立ち、ルビーレッドジャージと呼ばれる深紅のリーダージャージを獲得した。

 富士山五合目にいたる舗装路の中で最も急傾斜となる須走口登山道11.8kmを使用した上りだけのロードレース。スタート直後からチームメートに援護された狩野は、チームミヤタの増田成幸(23)、ブリヂストン・アンカーの長沼隆行(22)とトップ争いを展開。ゴール手前で狩野が抜け出し、増田に2秒差、長沼に3秒差をつけて優勝した。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top