ヤマハ「PASリトルモア リチウム」の2007モデル発売 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ヤマハ「PASリトルモア リチウム」の2007モデル発売

バックナンバー 過去ニュース

 ヤマハ発動機は、高機能チャイルドシート標準装備の電動ハイブリッド自転車「PASリトルモア リチウム」に、機能を向上させた新たな走行モード「オートエコモードプラス」を採用し、2月22より発売を開始する。
  •  ヤマハ発動機は、高機能チャイルドシート標準装備の電動ハイブリッド自転車「PASリトルモア リチウム」に、機能を向上させた新たな走行モード「オートエコモードプラス」を採用し、2月22より発売を開始する。
 ヤマハ発動機は、高機能チャイルドシート標準装備の電動ハイブリッド自転車「PASリトルモア リチウム」に、機能を向上させた新たな走行モード「オートエコモードプラス」を採用し、2月22より発売を開始する。

 「オートエコモードプラス」は、2006年に「PAS リチウムシリーズ」に採用したパワフルアシストと長距離走行を両立させる「オートエコモード」をさらに進化させた新走行モード。
 このモードは、ペダルにかかる負荷を感知し、こぐ力に合わせてアシスト力を自動で3段階(「強」「中」「弱」または「切」)に切り替え、なめらかでパワフルな走行を実現している。さらに平坦路や下り坂など、負荷の少ない走行時にはアシスト力を自動でセーブし、節電効果により最大で52kmの走行が可能となる。

 また、アシストの切替スイッチ(標準モード/パワーモード)とオートエコモードボタン(ON/OFF)の併用により、使用状況に合わせて4パターンの走行モードが選択できる。

 「PASリトルモア リチウム」は、快適性、安心感、操作性を追及した高機能チャイルドシート「スーパーエンジェルシート」を装備。幼児を乗せないときには大型バスケットとしても使用できる。また、フレームには専用設計となる低重心のアルミ製「オープンワイドフレーム」を採用し、安定走行が可能。スカートをはいての走行時でもまたぎやすく、乗り降りもスムースに行え乗車姿勢もスマート。

 さらに全てのモデルに夜間走行中などメインスイッチをオフにしてもライトが継続点灯する機能「ほっとライトシステム」を採用した。

           
 「PASリトルモア リチウム」
●発売日     2007/2/22
●希望小売価格  117,800円
●カラー     Sベージュ、Aレッド、ダークグリーン、Jブラウン
         (全色ダークブラウンパーツ使用)
《編集部》
page top