富士通研、作業現場向けグローブ型ウェアラブルデバイスを開発 1枚目の写真・画像 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

富士通研、作業現場向けグローブ型ウェアラブルデバイスを開発 1枚目の写真・画像

富士通研究所は2月18日、保守作業などの現場向けに、グローブ型ウェアラブルデバイスを開発したことを発表した。NFC(Near Field Communication)タグリーダとジェスチャ入力機能を備えた、簡易な形状のものとなっている。

バックナンバー 過去ニュース
富士通研究所は2月18日、保守作業などの現場向けに、グローブ型ウェアラブルデバイスを開発したことを発表した。NFC(Near Field Communication)タグリーダとジェスチャ入力機能を備えた、簡易な形状のものとなっている。
富士通研究所は2月18日、保守作業などの現場向けに、グローブ型ウェアラブルデバイスを開発したことを発表した。NFC(Near Field Communication)タグリーダとジェスチャ入力機能を備えた、簡易な形状のものとなっている。

バックナンバー アクセスランキング

  1. シマノ、ロードホイールセット「WH-7801」を発売

    シマノ、ロードホイールセット「WH-7801」を発売

  2. ACCトラックアジアカップが6月に函館で開催へ

    ACCトラックアジアカップが6月に函館で開催へ

  3. 手組みで作られたアラヤの完組みホイールセット登場

    手組みで作られたアラヤの完組みホイールセット登場

  4. キャノンデールが軽量クロスバイクのクイック4発売

  5. サニーサイドアップのWEBマガジンにサイスタ情報

  6. トラッドなスタイルが似合うクエロが新発売

  7. シマノ、デュアルコントロールレバー「ST-R700」を発売中

  8. 元サイスタガールのよしのひろこがTOKYOセンチュリーライドに参加

アクセスランキングをもっと見る

page top