デクラークがPOMに、攻守にゲームをコントロール ベンチでの姿にも注目集まる | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

デクラークがPOMに、攻守にゲームをコントロール ベンチでの姿にも注目集まる

新着 ビジネス
デクラークがPOMに、攻守にゲームをコントロール ベンチでの姿にも注目集まる
  • デクラークがPOMに、攻守にゲームをコントロール ベンチでの姿にも注目集まる

10月20日、ラグビーワールドカップ(W杯)準々決勝が行われ、日本は南アフリカに3-26で敗れた。


この試合でプレイヤー・オブ・ザ・マッチ(POM)に選ばれたのは、南アフリカのファフ・デクラーク選手。プレゼンターにはX JAPANのYOSHIKIさんが登場した。




攻守にゲームをコントロール 自らトライも



(c)Getty Images



デクラーク選手はスクラムハーフとしてピッチ全体に目を配り、試合の流れをコントロールするだけでなく後半26分には自らトライも決めた


守備でも出足が鋭くタイミングの読みも良いため、日本はパス回しで大きなプレッシャーを掛けられた。


デクラーク選手のプレーには、日本のファンからも手強い相手だったと称賛する声が多い。



  • 半端なかったです!速すぎ

  • タックルにもいけるスクラムハーフめちゃめちゃかっこよかった

  • 彼に完全に試合をコントロールされましたね。凄すぎでした。



(c)Getty Images



ベンチでの姿にギャップを感じて可愛いという声も


デクラーク選手は後半33分に交代でベンチへ退いた。ベンチに戻ってからはチームメイトにいじられる姿がカメラに抜かれ、ピッチ上とのギャップが可愛かったという声もあった。



(c)Getty Images




  • プレーを見てる時はめちゃくちゃ怖かったのにベンチに下りた瞬間にイジられキャラなのか他の選手にちょっかい出されててギャップ…

  • ベンチでデクラークが可愛がられてるシーンが良かったです

  • コルビがデクラークの頭なでて後ろでピースやってるのめちゃくちゃ可愛かった


《SPREAD》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」
page top