シャイニングアークス、ラグビーチーム初となる消費カロリーに応じて開発途上国へ寄付するプログラムを実施 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

シャイニングアークス、ラグビーチーム初となる消費カロリーに応じて開発途上国へ寄付するプログラムを実施

スポーツ 短信
シャイニングアークス、ラグビーチーム初となる消費カロリーに応じて開発途上国へ寄付するプログラムを実施
  • シャイニングアークス、ラグビーチーム初となる消費カロリーに応じて開発途上国へ寄付するプログラムを実施
  • シャイニングアークス、ラグビーチーム初となる消費カロリーに応じて開発途上国へ寄付するプログラムを実施
NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、同社ラグビー部のシャイニングアークスが「カロリーオフセットプログラム by シャイニングアークス 2019」をラグビーチームとして日本で初めて実施することを発表した。

「カロリーオフセットプログラム」は、先進国の余分なカロリーを開発途上国で必要なカロリーに変換するプログラムだ。スポーツの力を通じて地域や社会全体の健康に寄与していきたいという思いから、世界の食料問題の解決に取り組む「TABLE FOR TWO international(TFT)」を通じて、選手・ファンの消費カロリーに応じた寄付を行い、開発途上国の菜園づくりを支援する。

対象試合は、6月23日(日)~7月19日(金)の間に行う計5試合。寄付金額は、選手が試合で消費したカロリー1キロカロリーにつき1円、来場したシャイニングアークスファンが応援し、消費したカロリー200キロカロリーにつき5円となる。寄付金は、開発途上国での菜園づくりを通じて農業生産向上の支援や、インフラ整備に利用される。

■対象試合(ジャパンラグビートップリーグカップ2019)
・6月23日(日)東芝ブレイブルーパス戦(秩父宮ラグビー場)
・6月29日(土)宗方サニックスブルース戦(ミクニワールドスタジアム北九州)
・7月6日(土)九州電力キューデンヴォルテクス戦(釜石鵜住居復興スタジアム)
・7月13日(土)ヤマハ発動機ジュビロ戦(ヤマハスタジアム)
・7月19日(金)NTTドコモレッドハリケーンズ戦(万博記念競技場)
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top