JAL、分解・組み立てを最小限に留めた自転車輸送用の受託手荷物専用ボックスを開発 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

JAL、分解・組み立てを最小限に留めた自転車輸送用の受託手荷物専用ボックスを開発

新着 製品/用品
日本航空(JAL)は、せとうち観光推進機構、S-WORKSと共に、自転車輸送用の受託手荷物専用ボックス「SBCON(エスビーコン)」を開発した。

これまで自転車を預けるためには、ユーザー自身が自転車を分解し、輪行用の袋などに収納する必要があったが、SBCONを利用することで自転車の分解・組み立てを最小限に留め、より安全かつ丁寧に目的地まで運ぶことができる。

交流人口の拡大を目指す施策として、サイクルツーリズムの多様なニーズに応えるために開発され、8月より国内線ツアー商品ユーザーの受託手荷物用としてサービスを開始。将来的には、個人ユーザーもSBCONを利用できるように準備を進めていく。

また、サービス開始に先駆けて、SBCONを利用したモニターツアーも設定。7月2日(月)の発売を予定している。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

まとめ

新着 アクセスランキング

  1. 千葉ジェッツふなばし公式カレンダー、スポカレが提供開始

    千葉ジェッツふなばし公式カレンダー、スポカレが提供開始

  2. ソフトバンクホークスオフィシャルグッズショップ「HAWKS STORE」オープン

    ソフトバンクホークスオフィシャルグッズショップ「HAWKS STORE」オープン

  3. 選手・ボランティア30万人を「顔認証」…東京五輪で初導入

    選手・ボランティア30万人を「顔認証」…東京五輪で初導入

  4. ゴルフツアー、松山72で35位

  5. 「カストロール」…ってどんな会社?

  6. 自転車をEバイクにアップグレードするキット「bimoz」がクラウドファンディングを9月下旬開始

  7. 大谷翔平ア・リーグ新人王受賞記念切手型純金プレートセットが発売

  8. ロゴス、テントや車と連結できる「AKUBIタープ」シリーズ発売

  9. パナソニック、本格的な電動アシストマウンテンバイク「XM-D2」限定発売

  10. あさひがリユース事業に参入、自転車の買取サービス開始

アクセスランキングをもっと見る

page top