大阪マラソン、127,757人がエントリー…国外エントリーは過去最高 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

大阪マラソン、127,757人がエントリー…国外エントリーは過去最高

大阪マラソン組織委員会は、11月25日(日)に開催する「第8回大阪マラソン」のランナーエントリーの結果を発表した。

スポーツ 短信
イメージ
  • イメージ
大阪マラソン組織委員会は、11月25日(日)に開催する「第8回大阪マラソン」のランナーエントリーの結果を発表した。

4月6日(金)10時より開始したランナーの募集は、5月11日(金)17時に締め切った。その結果、ランナーエントリーの総数は127,757人だった。マラソンは募集定員30,000人のところ、120,827人がエントリーした。

内訳は個人98,116人、ペア11,562人(5,781組)、グループ11,149人(1,694組)。チャレンジラン(8.8km)は募集定員2,000人のところ、6,930人がエントリーした。マラソン個人エントリーのうち、大阪スポーツ応援ランナーは358人(募集人数は600人)、チャリティランナーは266人(募集予定人数は600人)だった。

最高年齢者のランナーは、マラソンは97歳(男性)、チャレンジランは93歳(男性)。国外からは、アジアを中心に欧米など44の国と地域から過去最高の15,005人がエントリーした(マラソン12,968人、チャレンジラン2,037人)。昨年大会の13,962人から、約7.5%増加している。

抽選の結果は、申込者全員に6月中旬から順次通知する。なお、大阪スポーツ応援ランナーは6月29日(金)17時まで、チャリティランナーは8月31日(金)17時まで募集を行う。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top