浜松市が「ビーチ・マリンスポーツ推進協議会」発足 …官民一体で魅力を発信 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

浜松市が「ビーチ・マリンスポーツ推進協議会」発足 …官民一体で魅力を発信

ライフ 社会
静岡県浜松市は、官民協働による「ビーチ・マリンスポーツ推進協議会」を発足した。

「ビーチ・マリンスポーツの聖地」としてのブランドを確立し、魅力発信を行い、観光誘客や移住促進、企業誘致につなげていくことを目的に、協議会を設立。浜松市役所にて、第1回の協議会を3月27日(火)に実施した。

市長を会長とし、ビーチ・マリンスポーツの各競技団体、関連メーカー、観光協会、市内のベンチャー企業など40団体から構成される協議会では、浜松市長が官民一体の取り組みを発表。

市長は「水に関するスポーツやレジャーが多数楽しめるマルチフィールドとして、『本州最後の楽園、仕事とレジャーが日本一近い街』の確立を目指すため、官民連携によるビーチ・マリンスポーツの聖地に向けた取り組みを本格化していきたい」と意気込みを語った。

浜松市は今後、施設整備や大会の誘致、競技者や観光客の来訪、移住促進に向けたプロモーション活動などの取り組みを進め、スポーツ・レジャーと仕事・生活の距離が近いまちづくりを推進していく。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

まとめ

ライフ アクセスランキング

  1. 射殺したライオンと記念撮影…背後には仲間のライオンが!

    射殺したライオンと記念撮影…背後には仲間のライオンが!

  2. コロナ禍におけるe-sportsの今とこれから…吉本興業 よしもとスポーツ e-sports事業部 よしもとゲーミング 山本英二郎氏[インタビュー]

    コロナ禍におけるe-sportsの今とこれから…吉本興業 よしもとスポーツ e-sports事業部 よしもとゲーミング 山本英二郎氏[インタビュー]

  3. ロシア人家族と20年以上暮らしている熊…サッカー観戦、庭で水やりも

    ロシア人家族と20年以上暮らしている熊…サッカー観戦、庭で水やりも

  4. 「ビアガーデン」は日本特有?利用する日本人と外国人に大きな違い

  5. ミニカーで遊ぶ2歳少女を取り締まった警官。その衝撃の理由とは?

  6. 菜々緒「口にキスしてくれないと起きないの」…小さな王子様がキス

  7. 外国人が語る「日本人は宇宙人」説…2020年東京オリンピックで“おもてなし”の切り札になる!

アクセスランキングをもっと見る

page top