パナソニック、パラスポーツ観戦ソリューションの実証実験を実施 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

パナソニック、パラスポーツ観戦ソリューションの実証実験を実施

パナソニックグループは、3月21日(水)~25日(日)に開催される「IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ 2018」にて、パラスポーツ観戦ソリューションと情報配信サービスの実証実験を実施する。

スポーツ 短信
パナソニック、パラスポーツ観戦ソリューションの実証実験を実施
  • パナソニック、パラスポーツ観戦ソリューションの実証実験を実施
  • パナソニック、パラスポーツ観戦ソリューションの実証実験を実施
パナソニックグループは、3月21日(水)~25日(日)に開催される「IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ 2018」にて、パラスポーツ観戦ソリューションと情報配信サービスの実証実験を実施する。

同社は、多視点映像で観戦を楽しめるスポーツ観戦ソリューションと、配電地上機器を活用した情報配信サービスを行う。競技場でパラスポーツ観戦をより楽しめるサービスを提供し、競技場周辺での関連情報配信サービスの有用性や動作・パフォーマンスを評価、検証する。

競技が行われる品川区立天王洲公園には、音声とともに、多視点からのカメラアングルで撮影された映像をスマートフォンやタブレット端末に配信する「マルチ動画配信システム」(VOGO Sport)を導入。観戦者は会場で、自分の好きなアングルの映像を楽しめる。

また、今回は配信エリアを会場外にも広げ、大会スタッフやボランティアが場内の状況を確認するツールとして活用。配信画面上部にはスポンサーロゴを表示させ、広告効果の検証も行う。ピッチ横には、200インチLEDビジョンを設置する。

情報配信サービスは、日本ブラインドサッカー協会、東京電力パワーグリッド、東電タウンプランニングと協力し、品川区の協力のもと実施。競技場周辺の天王洲エリアの配電地上機器(8台)を活用して情報配信を行う。

配電地上機器の正面には、「IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ 2018」のポスターを掲示。LED表示装置付タイプは、省電力広域無線通信技術「LPWA」を活用し、リアルタイムに試合状況など大会のさまざまな情報を表示する。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top