電動アシスト自転車のバッテリーが大容量化…12Ah以上のモデルが主流に | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

電動アシスト自転車のバッテリーが大容量化…12Ah以上のモデルが主流に

新着 製品/用品
GfK ジャパンは、全国のGMS(総合スーパー)、ホームセンター、家電量販店での電動アシスト自転車の販売動向を発表した。

2017年の電動アシスト自転車販売台数は、前年比12%増となった。金額は前年比14%増。税抜き平均販売価格は、大容量バッテリーを搭載したモデルの拡大などによって前年から約1,600円上昇し、100,900円となった。四半期別では販売台数、平均価格共に、全期間で前年の水準を上回っている。

搭載バッテリー容量は、20Ah以上の商品が発売されるなど大容量化が進んでおり、台数構成比で12Ah以上のモデルが前年の36%から66%に拡大。12Ah以上が主流になっている。

チャイルドシート設定車の台数構成比は、年間で31%。前年から1%ポイント拡大した。2017年年間のチャイルドシート設定車の平均価格は、非設定車より高い121,500円。しかし、同期間は比較的安価なモデルが販売を伸ばした結果、平均価格が2年間で最も低くなっている。

スポーツタイプに関しては、販売台数が伸長。電動アシスト自転車はホームタイプが販売の8割超を占めており、スポーツタイプの構成比が数パーセントと小さいが、2017年の販売台数は前年比で27%と大きく増えた。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

まとめ

新着 アクセスランキング

  1. ナイキ、浦和レッズ新ユニフォーム発表…クラブ初のストライプ柄を採用

    ナイキ、浦和レッズ新ユニフォーム発表…クラブ初のストライプ柄を採用

  2. 折りたたんだまま転がして移動できる折りたたみ自転車「Harry Quinn Roller163」発売

    折りたたんだまま転がして移動できる折りたたみ自転車「Harry Quinn Roller163」発売

  3. スマホを自転車に取り付けるマウント…ゴリラポッドのジョビー

    スマホを自転車に取り付けるマウント…ゴリラポッドのジョビー

  4. 箱根駅伝選手の41%がナイキの厚底シューズを着用!これほど多くの選手に選ばれる理由とは?

  5. 14インチ折りたたみ自転車専用輪行バッグ「トラベロトート ミニ」発売

  6. 甲子園が誕生95周年!ロゴ制作やグッズ販売を実施

  7. ルイガノからミニベロタイプのe-bike「ASCENT e-sports」登場

  8. 自転車ホイールも3Dプリンター技術で製造する時代

  9. アディダス オリジナルス、ブラックをベースにした「YEEZY BOOST 350 V2」世界同時発売

  10. あさひ、ポップなルイガノ電動アシスト自転車の販売を開始

アクセスランキングをもっと見る

page top