中田英寿、日本酒とスコッチウイスキーのコラボをプロデュース | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

中田英寿、日本酒とスコッチウイスキーのコラボをプロデュース

新着 飲食

中田英寿、日本酒とスコッチウイスキーのコラボをプロデュース
  • 中田英寿、日本酒とスコッチウイスキーのコラボをプロデュース
  • 中田英寿、日本酒とスコッチウイスキーのコラボをプロデュース
  • 中田英寿、日本酒とスコッチウイスキーのコラボをプロデュース
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」は、中田英寿が代表を務めるJAPAN CRAFT SAKE COMPANYのプロデュースにより、「Chivas Craft Brothers Project(シーバス クラフト ブラザーズ プロジェクト)」を立ち上げた。

「Chivas Craft Brothers Project」は、スコッチウイスキーのシーバスリーガルと、富山県の満寿泉で知られる蔵元 桝田酒造店がコラボレーションしたプロジェクトだ。日本酒造りとスコッチウイスキー造りの伝統技術を組み合わせ新たな味わいを創り上げる。

桝田酒造店の日本酒造りに、シーバスリーガルのウイスキー熟成に使用した樽を使用。クオリティに変化を与え、新しい価値の日本酒を製造する。監修は、JAPAN CRAFT SAKE COMPANYが行う。現在、ウイスキー熟成樽に日本酒を詰め、熟成を行っている最中だ。完成時期は、6月頃を予定している。

ビジネスを通して社会に貢献した人物に贈られる名誉賞「シーバスリーガル ゴールドシグネチャー・アワード Presented by GOETHE」2017年度受賞者の中田が架け橋となり、シーバスリーガルと桝田酒造店が出会った。シーバスリーガルが日本酒とのコラボレーション企画を実施するのは、今回が初めて。

中田は今回のプロジェクトについて、「ウイスキーを熟成した樽は味と香りがしっかり付いているので、その樽にどういう味を入れていったら元々のウイスキーの風味がプラスになるか、お互いの良さを殺さないように味を整形していくにはお酒はどういったものが良いのか、桝田さんと相談してきました。(完成後のお披露目は)色々な形で考えていきたいと思っています」とコメントしている。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top