ナショナルズ、一発攻勢で逆転勝利…ハーパーが起死回生の同点弾 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ナショナルズ、一発攻勢で逆転勝利…ハーパーが起死回生の同点弾

スポーツ 短信
同点弾 を放ったブライス・ハーパー(2017年10月7日)
  • 同点弾 を放ったブライス・ハーパー(2017年10月7日)
  • ブライス・ハーパー 参考画像(2016年4月13日)
ワシントン・ナショナルズは10月7日、ナショナル・リーグ地区シリーズ第2戦でシカゴ・カブスと対戦し6-3で勝利。対戦成績を1勝1敗のタイに戻した。

前日の第1戦を落としたナショナルズ。この日もカブス投手陣に打線が抑え込まれ1-3のリードを許す展開で八回に入った。しかし、ここからナショナルズの強力打線が目覚める。代打のアダム・リンドがヒットで出塁すると、ブライス・ハーパーが起死回生の同点2ラン。

ひと振りで試合を振り出しに戻したナショナルズは、再びランナーを溜め今度はライアン・ジマーマンが勝ち越しの3ラン。このイニング一挙5得点で逆転勝利を収めた。

この試合にファンからは、「ハーパー、ジマーマン最高!」「主役が打つべき所で打つ。これぞスーパースター」「第3戦はシャーザーが先発。面白くなってきた」「ハーパー顔がいいのはもちろんだけど、あの場面で打つスター性、打球を見送る表情、バット投げと全てがかっこよすぎる」などの声が寄せられている。



《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top