メルセデス Gクラス 最強モデル「AMG G63」、次期型ディティールが見えてきた | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

メルセデス Gクラス 最強モデル「AMG G63」、次期型ディティールが見えてきた

新着 製品/用品
メルセデス AMG G63 次期型スクープ写真
  • メルセデス AMG G63 次期型スクープ写真
  • メルセデス AMG G63 次期型スクープ写真
  • メルセデス AMG G63 次期型スクープ写真
  • メルセデス AMG G63 次期型スクープ写真
  • メルセデス AMG G63 次期型スクープ写真
  • メルセデス AMG G63 次期型スクープ写真
  • メルセデス AMG G63 次期型スクープ写真
  • メルセデス AMG G63 次期型スクープ写真
メルセデスの本格オフローダー『Gクラス』(ゲレンデヴァーゲン)のハイパフォーマンスモデル『AMG G63』次世代型プロトタイプをキャッチした。

以前捉えた開発車両との違いは、ヘッドライトとテールライトに本採用版と思われるパーツが装着されているほか、ライト周りの新デザインが露出している点だ。光ったテールライトからは、新グラフィックも確認出来る。

ボクシーなエクステリアに大きな変化はないが、次世代型はGクラスにとって1979年の登場以来最大の進化となる。新プラットフォームにより現行モデルから200kg以上の軽量化が図られるとともに、トレッドは4インチ(約10cm)ワイドにされ、心臓部には往来の5.5リットルに代わる新開発4リットルV型8気筒エンジンを搭載。最高出力は600psへ向上する。

プロトタイプのグリルにはダミーが装着されていると思われる。メッキフィンを縦に配置する「AMGパナメリカーナグリル」の採用も気になるが、スクエアデザインには不似合いか。

現行モデルは、2022年まで生産されることが公式にアナウンスされており、次世代型の発売後は、オーストラリアマグナシュタイヤーのグラーツ工場において平行して生産されると思われる。

ワールドプレミアは、2018年3月のジュネーブモーターショーが有力だ。
《子俣有司@Spyder7@レスポンス》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top