ナイキ、マーキュリアルの歴史をまとめたシューズ「What the Mercurial」限定発売 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ナイキ、マーキュリアルの歴史をまとめたシューズ「What the Mercurial」限定発売

新着 製品/用品
ナイキ、マーキュリアルの歴史をまとめたシューズ「What the Mercurial」限定発売
  • ナイキ、マーキュリアルの歴史をまとめたシューズ「What the Mercurial」限定発売
  • ナイキ、マーキュリアルの歴史をまとめたシューズ「What the Mercurial」限定発売
  • ナイキ、マーキュリアルの歴史をまとめたシューズ「What the Mercurial」限定発売
  • ナイキ、マーキュリアルの歴史をまとめたシューズ「What the Mercurial」限定発売
  • ナイキ、マーキュリアルの歴史をまとめたシューズ「What the Mercurial」限定発売
  • ナイキ、マーキュリアルの歴史をまとめたシューズ「What the Mercurial」限定発売
  • ナイキ、マーキュリアルの歴史をまとめたシューズ「What the Mercurial」限定発売
  • ナイキ、マーキュリアルの歴史をまとめたシューズ「What the Mercurial」限定発売
ナイキは、過去のマーキュリアルを組み合わせた「What the Mercurial」スパイクを3000足限定で発売する。

「What the Mercurial」は、1998年に誕生したマーキュリアルの歴史をまとめたタイムカプセルのようなシューズだ。記憶に残る過去のマーキュリアルの16カラーを1足のスパイクで表現し、ストライプのようにカラーを使用している。かかとのタブやアグレットのロゴには、過去に発売された4つのマーキュリアルロゴを組み合わせたものを採用している。

「ナイキ SB What the Dunk」や「What the Kobe」など、同社がこれまでにも実現してきた「What the」をテーマにしたデザインを表現している。デザインは左右同一。ソックライナーには、マーキュリアルの特徴的な要素が表現されている。スーパーフライに使用されたカラーは18。これは、同社が一足のフットボールスパイクに使用したカラー数として最多となる。

「What the Mercurial」は、過去のシューズカラーが組み合わせられたWhat the Box入り。またWhat the Bagの表面には過去の4つのフォントの組み合わせ、後ろには過去の印象的なマーキュリアルスパイクの年表をプリントしている。

サイズは25~29cm。価格 37,800円(税込)。5月6日(金)からNIKE FOOTBALL Appにて先行販売、5月8日(日)からはNike.comで販売を行う。世界3000足限定発売。

■「What the Mercurial」構成しているモデル
・1998 ナイキ マーキュリアル ヴェイパー
・2000 ナイキ マッチ マーキュリアル
・2002 ナイキ マーキュリアル ヴェイパー I
・2006 ナイキ マーキュリアル ヴェイパー III
・2008 ナイキ マーキュリアル ヴェイパー SL
・2010 CR マーキュリアル ヴェイパー スーパーフライ II
・2010 ナイキ マーキュリアル ヴェイパー スーパーフライ II
・2011 ナイキ マーキュリアル ヴェイパー スーパーフライ III
・2011 ナイキ マーキュリアル ヴェイパー スーパーフライ II
・2012 ナイキ マーキュリアル ヴェイパー VIII
・2012 ナイキ マーキュリアル ヴェイパー VIII
・2013 ナイキ マーキュリアル IX スペシャルエディション
・2013 ナイキ マーキュリアル ヴェイパー IX
・2014 ナイキ マーキュリアル スーパーフライ IV
・2014 マーキュリアル スーパーフライ CR7
・2015 ナイキ マーキュリアル スーパーフライ IV BHM
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top