CL復帰を果たしたユナイテッド、だがOBは「レアルとは大きな差がある」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

CL復帰を果たしたユナイテッド、だがOBは「レアルとは大きな差がある」

スポーツ 短信

開幕2連勝のマンチェスター・ユナイテッド(2017年8月19日)
  • 開幕2連勝のマンチェスター・ユナイテッド(2017年8月19日)
  • CLを制したレアル・マドリード(2017年6月3日)
昨季のUEFAヨーロッパリーグ(EL)を制して、チャンピオンズリーグ(CL)復帰を果たしたマンチェスター・ユナイテッド。クラブOBのアンディ・コール氏は「クラブにとって大きい」と評価した。

CL出場権の有無はクラブの財政や選手獲得に大きな影響を及ぼす。コール氏も「必要な選手を連れて来るための新たな基礎になる。ファンがユナイテッドのようなクラブに期待していることでもある」と喜んだ。

その一方でCL制覇には険しい道のりが待っているとの見方も示す。

「2年連続で優勝しているチーム(レアル・マドリード)とスーパーカップで戦ったが、力の差は明らかだったと思う。レアル・マドリードとユナイテッドには大きな力の差があった。しかもマドリーは主力を何人かベンチに置いていた。だからCLで優勝するためにはトップコンディションを保つ必要があるだろう」
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top