ランボルギーニ チェンテナリオ…オーナーと本社の信頼関係で完成したワンオフモデル | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ランボルギーニ チェンテナリオ…オーナーと本社の信頼関係で完成したワンオフモデル

新着 製品/用品

ランボルギーニ・チェンテナリオ
  • ランボルギーニ・チェンテナリオ
  • ランボルギーニ・チェンテナリオ
  • ランボルギーニ・チェンテナリオ
  • ランボルギーニ・チェンテナリオ
  • ランボルギーニ・チェンテナリオ
  • ランボルギーニ・チェンテナリオ
  • ランボルギーニ・チェンテナリオ
  • ランボルギーニ・チェンテナリオ
日本に割り当てられた唯一のランボルギーニ『チェンテナリオ』のクーペが、一部報道陣に公開された。

チェンテナリオはランボルギーニの創業者、フェルッチオ・ランボルギーニの生誕100周年を記念したモデルだ。2016年のジュネーブモーターショーで発表され、クーペとロードスターそれぞれ20台のみの限定で生産される。販売価格は175万ユーロ(税抜)で、全て完売している。

搭載されるエンジンはV型12気筒NAで最高出力は770hp、0-100km/h加速は2.8秒。0-300km/h加速は23.5秒、トップスピードは350km/hを超えるという。

◇日本をイメージしたワンオフモデル

チェンテナリオはランボルギーニのワンオフ戦略を受け継ぎ、アドペルソナムの手で各オーナーの要望を取り入れながら、個性ある1台に仕上げられている。今回日本で公開された1台も、日本をイメージして制作された、いわばワンオフモデルである。

ランボルギーニ麻布マネージャーの柳原拓郎氏によると、このチェンテナリオはオーナーの提案で、「レッドカーボン素材を使用し、赤をメインに、白を一部に使ってデザインされた」という。

実は、同じテーマでイタリア側からも日本をイメージした提案があった。「ブラックカーボンを使って赤を差し色に使う、日本の武士道のイメージだった。しかし、アドペルソナム部門のディレクターをもってしても、オーナーの提案であるレッドカーボンを使って、白をコントラストに入れた仕様の方が正直良い、とお墨付きをもらうほど素晴らしいものだった」と振り返る。

◇本国しかないシミュレーターを活用

この仕様を決めるにあたり、オーナーと本国の開発陣とは密にコンタクトを取り合い、場合によっては直接イタリアまで出向き、打ち合わせを行いながら進められた。「全部で5回から6回イタリアへ行った」と柳原氏。チェンテナリオは内外装の細かいところまでオーナーの要望によって塗り分けることが可能だ。「現地では日本にはない、実車と同じように見えるシミュレーターを使って色を塗ってくれるので、イメージが具現化しやすかった」と述べる。

これはインテリアにおいても同様だ。アルカンターラの素材は共通だが、「今回採用された仕様はこれまでランボルギーニにはなく、レッドカーボンの色味に合わせたアルカンターラがオーナーのために作られた」。実は、それまでランボルギーニが持っていた赤いアルカンターラは明るすぎてミスマッチだったことから、「少しトーンを落としたカラーになっている。内装についてもどこに白を入れるか、どこをレッドのレザーにするかなどを決めるまでにかなり時間がかかったが、これらも本国のシミュレーターのおかげだ」という。

◇本国とオーナーの信頼関係で出来ないことが出来るように

今回、積極的に本国に通うことで、信頼関係が生まれ、また絆も深まった。「もともとはジュネーブショーで登場した、ブラックカーボンにコントラストカラーを入れるぐらいしかアイディアとしては出なかった。ここにオーナーも招待されており、その場でカラーカーボンの打診も行ったが、その時は本社技術部からは出来ないと回答された」と明かす。

しかし、「実際にイタリアに通ううち、それが可能になったのだ。これはオーナーの熱意が通じたということだろう」と柳原氏。

「イタリアに行きさえすれば、大変そうなことが簡単だったり、出来ないといわれていたことが出来たり、見られないといわれていた場所に連れて行ってもらえたりと、オーナーに対して丁寧に対応をしてもらえた。特別な思い出を作ってもらおうという姿勢だった。こちらからの依頼に対し、100%以上の提案をしてもらえた」とオーナーと本社との間で親密な関係が生まれていたことを語る。

これにまつわり、柳原氏はもうひとつエピソードを披露した。本来ミラーはデザインの段階では黒だった。それをイタリアの生産ラインでオーナーが見たときに、「ミラーは黒ではなく、レッドカーボンなどにしておけば良かったとちょっと残念がっていた」という。そこで、日本でフィルムなどを貼ってそこは調整しようと考えていた。最後にイタリアに呼ばれ、まさに木箱に積みこまれる寸前のところを見学していた際、「気づいたらミラーもレッドカーボンに合わせてあった。まさに提案した以上のことをやってくれ、オーナーは大喜びだった」と柳原氏も笑顔だ。そのときにランボルギーニの担当者に聞いたところ、「こちらの方がかっこ良いからという回答だった。それもコミュニケーションをずっと取っていたからこそ、オーナーの好みが分かっていたからこそ出来たものだろう」と述べた。

このチェンテナリオ、様々なオーダーや日本の消費税を加えた結果、日本円でおよそ3億円相当になったという。

今回日本に入ってきたクーペは20台中19台目のクルマだ。「ロードスターは再来年ぐらいまで生産完了にはならないと聞いている。まだロードスターは2から3台しか出来ていないようだ」と柳原氏。

そして、日本へは「このクーペが1台のみ、ロードスターは2台入ってくる予定だ」とした。

このランボルギーニチェンテナリオは9月2日と3日にランボルギーニ麻布(東京都港区)にて一般公開される。

【ランボルギーニ チェンテナリオ】オーナーと本社の信頼関係で完成したワンオフモデル

《内田俊一@レスポンス》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?

編集部おすすめの記事

page top