日本ハム、有原航平が9回1失点の好投…ソフトバンクは打線が沈黙 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

日本ハム、有原航平が9回1失点の好投…ソフトバンクは打線が沈黙

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
日本ハムは8月30日、旭川でソフトバンクと対戦。先発の有原航平投手が9回1失点の好投を見せ、3-1で勝利した。

日本ハムは初回、無死二塁の好機を作ると、松本剛内野手が適時打を放って1点を先制。その後、今宮健太内野手に一発を浴びて同点とされるも、4回裏にはドレイク外野手が来日初となるソロ本塁打を放ち、2-1と勝ち越しに成功。続く好機に西川遥輝外野手に適時打が飛び出し、3-1とリードを広げた。

投げては、先発の有原がソフトバンク打線をわずか4安打に抑える快投を見せ、今季7勝目。敗れたソフトバンクは、打線が振るわず、5回3失点と粘投を見せていた先発のバンデンハーク投手を援護できなかった。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top