尾道の石階段を駆け下るホーリーライドで井手川直樹が2度目の優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

尾道の石階段を駆け下るホーリーライドで井手川直樹が2度目の優勝

坂道の町と知られる広島県尾道市の石階段などを駆け下りる異色のMTBダウンヒルレース、レッドブル・ホーリーライドが8月27日に同地で開催され、37歳の井手川直樹が2014年の第4回大会に続く優勝を飾った。

スポーツ 短信
レッドブル・ホーリーライドを制した井手川直樹(2017年8月27日)
  • レッドブル・ホーリーライドを制した井手川直樹(2017年8月27日)
  • レース前には安全を祈願して全選手が頭を下げた
  • (左から)2位の高山祐次郎、優勝の井手川直樹、3位の虎井秀将
  • 4人のライダーが一斉にスタートして、その着順によって勝ち上がっていく
  • 瀬戸内海を見下ろす絶景のロケーション
  • 石階段の脇には大観衆が陣取った
  • 映画でもよく登場する尾道の坂道が特設コースとなった
  • 石階段の脇には大観衆が陣取った
坂道の町と知られる広島県尾道市の石階段などを駆け下りる異色のMTBダウンヒルレース、レッドブル・ホーリーライドが8月27日に同地で開催され、37歳の井手川直樹が2014年の第4回大会に続く優勝を飾った。

通常は山のなかで行うMTBダウンヒルレースを、聖なる(ホーリーな)場所で行う奇想天外のレース。日本では今回で6回目の開催で、2016年に続いて日本遺産のまち・尾道市が舞台となった。参加138選手は過去最多。当日は3000人の観衆が集まった。

石階段の脇には大観衆が陣取った

尾道市の千光寺からスタートし、ゴールの宝土寺まで一般公道を含む特設コース。全長約1.3km、最大斜度約30度、高低差約100m、石段の数は497段。4人のライダーが一斉にスタートして、その着順によって勝ち上がっていく。瀬戸内海と尾道市の街並みを背景に、坂を一気に駆け下りるライダーに若いファンが大声援を送った。

準決勝1回戦で前年の覇者、永田隼也が接触して転倒。コースから落下するというアクシデントに見舞われたが、着用しているプロテクターのおかげで大事には至らず。決勝に進出した井手川は、旧知の永田のアクシデントに「彼の分まで頑張る」とコメントしたが、その井手川も決勝のトップ走行中に単独スリップ。2番手に位置していた高山祐次郎に抜かれて万事休すかと思われた。

(左から)2位の高山祐次郎、優勝の井手川直樹、3位の虎井秀将

しかし井手川は高山を猛然と追撃。そのスキを突いて、石階段の直角コーナーでインをねらって抜き返しをねらった。2人はそのまま曲がれず、後ろからインを突いた井手川は巧みなブレーキング操作ですぐにコースに復帰したが、それを予測していなかった高山はそのまま石垣を越えて復帰に時間がかかり、そのまま井手川がトップフィニッシュした。
《山口和幸》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top