【8月22日プロ野球全試合結果】DeNAが3者連続本塁打で逆転サヨナラ勝ち、楽天・藤平尚真がプロ初勝利、ソフトバンクが西武に完勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【8月22日プロ野球全試合結果】DeNAが3者連続本塁打で逆転サヨナラ勝ち、楽天・藤平尚真がプロ初勝利、ソフトバンクが西武に完勝

スポーツ 短信

プロ野球全試合結果
  • プロ野球全試合結果

DeNA、クリーンナップが3者連続本塁打…広島に逆転サヨナラ勝ち


DeNAは8月22日、横浜スタジアムで広島と対戦。土壇場の最終回にクリーンナップが3者連続本塁打を放ち、6-5と逆転サヨナラ勝利をおさめた。

DeNAは1-5と4点ビハインドで迎えた8回裏、嶺井博希捕手が今季第2号のソロ本塁打を放つと、9回裏には3番の筒香嘉智外野手が今季第20号の2点本塁打を放ち1点差に詰め寄り、続く4番のロペス内野手が今季第24号のソロ本塁打で続き同点。

さらに、5番の宮崎敏郎内野手に今季第10号となるソロ本塁打が飛び出し、6-5と逆転に成功した。

広島は、8回まで2失点と好投を見せていた先発の野村祐輔投手が、9回に筒香に被弾。抑えの今村猛投手にスイッチしたがDeNAの勢いは止められず、ロペスと宮崎にも一発をくらった。



ソフトバンクが西武に完勝…今宮健太が3ラン含む4打点、バンデンハークが12勝目


ソフトバンクは8月22日、ヤフオクドームで西武と対戦。投打ががっちりとかみ合い、7-0で完勝した。

ソフトバンクは0-0で迎えた3回裏、本多雄一内野手の内野ゴロの間に走者が生還し1点を先制。6回裏には、今宮健太内野手の適時三塁打で2-0。7回裏には、2死一、二塁の好機を作ると、今宮が今季第9号となる3点本塁打を放ち5-0とつきはなした。

8回裏には満塁の好機に、江川智晃外野手が適時打を放ち、ダメ押しの2点を追加した。投げては、先発のバンデンハーク投手が7回10奪三振無失点の快投を見せ、今季12勝目。敗れた西武は、初回の好機を逃した以降は打線が沈黙。ソフトバンク投手陣の前にわずか2安打に終わった。



ヤクルト、リベロが劇的なサヨナラ打…阪神はリリーフが誤算


ヤクルトは8月22日、神宮球場で阪神と対戦。リベロ内野手がサヨナラ打を放ち、5-4で劇的な勝利を飾った。

ヤクルトは1-2と1点ビハインドで迎えた4回裏、無死二、三塁の好機を作ると、藤井亮太内野手が適時打を放ち2-2の同点。続く好機に、中村悠平捕手が犠飛を放ち3-2と勝ち越しに成功。さらに先発の石川雅規投手がスクイズを成功させて4-2とリードを広げた。

その直後、阪神に同点とされるも4-4で迎えた9回裏、走者三塁の好機を作ると、リベロが適時打を放ち試合を決めた。

投げては、5番手のルーキ投手が今季4勝目。敗れた阪神は5番手の桑原謙太朗投手が誤算だった。阪神の連勝は4でストップした。



巨人が4連勝、マイコラスが8回2失点で12勝目…中日は投打が振るわず


巨人は8月22日、ナゴヤドームで中日と対戦。先発のマイコラス投手が8回2失点の好投を見せるなど投打がかみ合い、9-2で勝利した。

巨人は0-0で迎えた3回表、走者一、二塁の好機を作ると、坂本勇人内野手が適時二塁打を放ち1点を先制。続く阿部慎之助内野手にも適時打が飛び出し3-0。さらに中日の福田永将内野手のフィルダースチョイスで4-0とした。

5回表には、長野久義外野手が今季第13号となる3点本塁打を放つなど、中盤に効果的に加点。終始、試合の主導権を握った。

投げては、マイコラスが中日打線を封じて今季12勝目。敗れた中日は先発の吉見一起投手が3回4失点と振るわず、打線も好機を生かせなかった。


楽天、藤平尚真がプロ初勝利…ドラ1ルーキーがチームの連敗を6で止めた


楽天は8月22日、ZOZOマリンスタジアムでロッテと対戦。先発のドラフト1位ルーキー・藤平尚真投手が5回7奪三振無失点の好投を見せ、6-2で勝利。連敗を6でストップした。

楽天は0-0で迎えた2回表、島内宏明外野手が今季第12号のソロ本塁打を放ち1点を先制。3回表には、1死一、三塁の好機を作ると、ウィーラー内野手が適時打を放ち2-0。続く好機に指名打者・アマダーにも適時打が飛び出し3-0とリードを広げた。

5回表にも1点を追加した楽天は、7回表にもペゲーロ外野手の今季第22号のソロ本塁打などで2点を追加した。

投げては、藤平が嬉しいプロ初勝利。敗れたロッテは、先発の石川歩投手が7回6失点と振るわず、試合の主導権を握れなかった。



オリックス、中島宏之が2試合連続の決勝弾…日本ハムは打線が沈黙


オリックスは8月22日、ほっともっとフィールド神戸で日本ハムと対戦。指名打者・中島宏之が2試合連続の決勝弾を放つ活躍を見せ、5-2で勝利した。

オリックスは0-2と2点ビハインドで迎えた2回裏、ロメロ外野手が今季第22号のソロ本塁打を放って1点を返すと、走者二塁の場面で中島が今季第9号の2点本塁打を放ち3-2と逆転に成功。6回裏には、小島脩平内野手の適時打で2点を追加し5-2とリードを広げた。

投げては、2番手で登板した金田和之投手が阪神からの移籍後初勝利。敗れた日本ハムは、先発の有原航平投手が6回5失点と振るわず、打線も初回の2点以降は沈黙した。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top