ヤクルト、延長10回サヨナラ勝ち…山田哲人が押し出しの四球選ぶ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ヤクルト、延長10回サヨナラ勝ち…山田哲人が押し出しの四球選ぶ

スポーツ 短信

神宮球場(2017年6月18日)
  • 神宮球場(2017年6月18日)
ヤクルトは7月25日、神宮球場で中日と対戦。延長10回までもつれ込んだ接戦は、山田哲人内野手が押し出しの四球を選び、9-8でサヨナラ勝ちをおさめた。

ヤクルトは7-5と2点リードして迎えた8回表、走者一、二塁のピンチをまねくと、中日の福田永将内野手に3点本塁打を浴びて7-8と逆転される。それでも、その裏すぐに相手バッテリーのミスにより8-8の同点とすると、10回裏には走者満塁の絶好機を作り、山田が四球を選び押し出し。サヨナラの走者がホームを踏んだ。

投げては、4番手で登板したルーキ投手が今季3勝目。敗れた中日は、幾度となく追いつく粘りを見せたが、延長戦でリリーフ陣がつかまった。先発の吉見一起投手が中盤までに6失点を喫したことが最後まで響いた。

《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top