ソフトバンクが逆転勝利…楽天は岸孝之から松井裕樹への継投が裏目 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンクが逆転勝利…楽天は岸孝之から松井裕樹への継投が裏目

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
ソフトバンクは7月2日、Koboパーク宮城で楽天と対戦。1点を争う攻防を制し、5-4で勝利。首位攻防戦を勝ち越しで終えた。

ソフトバンクは1-3と2点ビハインドで迎えた8回表、川崎宗則内野手の二塁打と今宮健太内野手の四球で好機を作ると、柳田悠岐外野手が適時打を放って1点差に詰め寄る。ここで楽天は好投を続けていた岸孝之投手から守護神・松井裕樹投手へスイッチしたが、これが裏目に出た。

松井は味方のエラーでデスパイネに出塁を許すと、松田宣浩内野手に適時打を浴びて同点とされる。続く1死満塁のピンチを迎えると、中村晃内野手には勝ち越しの適時打を浴びた。

ソフトバンクは7回まで岸の前に抑えられていたが、松井をとらえて見事な逆転勝利をおさめた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top