トラオレがリヨンに完全移籍、チェルシーでの苦闘を振り返る | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

トラオレがリヨンに完全移籍、チェルシーでの苦闘を振り返る

スポーツ 選手
バートランド・トラオレ 参考画像(2016年6月29日)
  • バートランド・トラオレ 参考画像(2016年6月29日)
ブルキナファソ代表FWバートランド・トラオレがリーグ・アンのオリンピック・リヨンと5年契約を結んだ。トラオレはチェルシーで過ごした3年半を振り返りながら、移籍に至る決断を語った。

2014年にチェルシーの所属選手となったトラオレ。だが初年度にフィテッセへレンタルに出されると、その後もアヤックス・アムステルダムに期限付き移籍するなど安定した出場機会をチェルシーで得ることはできなかった。

入団会見で「これまでレンタル移籍を繰り返してきたが、より安定したプロジェクトに加わるべき時期と判断したのか」と質問されたトラオレ。言葉を選びながらも21歳の若者は自分の将来のため必要な決断だったと語る。

「その通りだ。自分の年齢や成長を考えればチェルシーを去るべき時だった。チェルシーに残って毎試合短時間プレーすることもできただろう。だがポジションを得られることはないと知りつつ毎日戦うことになる」

2015-16シーズンにはチェルシーに戻り1年間を過ごした。だがベンチを温めることが多く翌シーズンには再び期限付き移籍に出されている。

「2年前に先発入りに挑戦したが昨年起こったことは知ってのとおりだ。プレシーズンを過ごしたあとレンタルに出された。今年は同じシナリオを再演したくはないと思った。トップチームで安定してプレーできるクラブを探す時期だった。自分がチームにとって重要な選手のひとりになれる場所だ」

うつむきながら少しずつ自分の気持ちを語るトラオレ。昨シーズンはエールディヴィジで24試合に出場し8ゴールするなど結果を残したが、新天地では再び新たな挑戦が待っている。

「必死に戦う必要がある。重要な選手のひとりになれるようにクラブのためにすべてを尽くすつもりだ」
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top