メキシコが激闘を制しグループ突破、開催国ロシアは敗退が決定 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

メキシコが激闘を制しグループ突破、開催国ロシアは敗退が決定

スポーツ 短信
メキシコが激闘を制しグループ突破(2017年6月24日)
  • メキシコが激闘を制しグループ突破(2017年6月24日)
『FIFAコンフェデレーションズカップ2017』グループA第3節が6月24日に行われた。北中米カリブ海王者のメキシコは開催国のロシアと対戦。先制を許すも逆転し2-1でグループ突破を果たしている。

前半25分に左サイドからのクロスで好機を作ったロシア。このチャンスでアレクサンドル・エロヒンのシュートは空振り。だが、すぐさま横にいたアレクサンドル・サメドフへパスを出し、サメドフがゴール隅にシュートを決めた。

先制されて苦しくなったメキシコだが失点から5分後、ロングボールにエリア内でネストル・アラウホが頭で合わせ同点に追いつく。

1-1で折り返した後半は先にメキシコがスコアを動かした。自陣から大きく蹴り出されたボールにイルビング・ロサーノが反応。相手エリア付近でGKと交錯しながら頭で触ると、ボールは無人のゴールネットに吸い込まれる。

追いつきたいロシアだが終盤に退場者を出し数的不利な状態に。結局このまま試合は終了しメキシコがグループ2位で決勝トーナメント行きを決めた。

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top