パラリンピックドキュメンタリー「WHO I AM」に金メダリスト2名が出演 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

パラリンピックドキュメンタリー「WHO I AM」に金メダリスト2名が出演

スポーツ 短信
パラリンピックドキュメンタリー 「WHO I AM」に金メダリスト2名が出演
  • パラリンピックドキュメンタリー 「WHO I AM」に金メダリスト2名が出演
  • パラリンピックドキュメンタリー 「WHO I AM」に金メダリスト2名が出演
WOWOWは、パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ 「WHO IAM」シーズン2に登場する選手として、スノーボードと柔道の選手を新たに発表した。

「WHO IAM」は、同社がIPC(国際パラリンピック委員会)と共同で立ち上げたパラリンピック・ドキュメンタリーシリーズだ。リオパラリンピックが開催された2016年から東京パラリンピックが開催される2020年まで、トップ選手たちを描く。昨年放送されたシーズン1には、世界7ヵ国8名のメダリストが登場した。

今回、シーズン2に登場する選手として、ハワイ在住の義足スノーボーダーでソチ大会の金メダリスト「エヴァン・ストロング(アメリカ)」と、パラリンピック2連覇の柔道王「チェ・グァングン(韓国)」の2名のパラリンピック金メダリストが発表された。

エヴァンは、ハワイ・マウイ島でプロスケートボーダーを目指していたが、17歳の時に飲酒運転の車に轢かれ、義足での生活となった。2007年にスノーボーダーとしての活動を本格化し、翌年、初めてパラスノーボードの大会で優勝。ソチパラリンピックでアルペンスキーの一種目としてスノーボードが開催されると、金メダルを獲得した。

5年生の時に柔道を始めたグァングンは、高校生の時に練習中に相手選手の指が左目に刺さってしまい、網膜剥離を起こし、左目は失明、右目も視力0.1ほどになった。医師からは「二度とスポーツはできない」と言われたが、健常者柔道の大会で優勝した後、パラ柔道へ転向。ロンドン大会、リオ大会の2大会で金メダルを獲得し、連覇を達成した。

シーズン2には、アメリカのトライアスロン選手 メリッサ・ストックウェルと、スロバキアのアルペンスキー選手 ヘンリエッタ・ファルカショバ&ナタリア・シュブルトバの登場も決定している。シーズン1と同じく、8人の選手が登場する予定だ。放送は、2017年秋スタート予定となっている。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top