マーリンズが序盤6点差からのサヨナラ勝ち、オズナが殊勲打 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

マーリンズが序盤6点差からのサヨナラ勝ち、オズナが殊勲打

スポーツ 短信
マーセル・オズーナ 参考画像(2017年5月31日)
  • マーセル・オズーナ 参考画像(2017年5月31日)
マイアミ・マーリンズが最大6点差をひっくり返す劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

6月19日にワシントン・ナショナルズと対戦したマーリンズ。初回から失点すると3回表までに0-6とされる。だが三回裏に猛反撃。一挙6得点で試合を振り出しに戻した。五回に再び勝ち越されるが七回にジャンカルロ・スタントンが同点のソロ本塁打を放ち再び追いつく。


同点のまま最終回を迎えたマーリンズは2アウトからディー・ゴードンが四球で出塁。内野安打と四球で満塁とすると、マーセル・オズナの適時打でサヨナラ勝ちした。


劇的な勝利にファンからは、「あきらめずよく逆転した」「良いチームになってきた」「すごい試合だった。マーリンズファンだけではなく野球ファンなら楽しめた」などの声が寄せられている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top