ロシアに敗れたニュージーランド、初戦を落としても強い気持ちは失わず | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ロシアに敗れたニュージーランド、初戦を落としても強い気持ちは失わず

スポーツ 短信

ロシア戦で敗戦も前向きな姿勢示すニュージーランド代表のステファン・マリノビッチ(右)(2017年6月17日)
  • ロシア戦で敗戦も前向きな姿勢示すニュージーランド代表のステファン・マリノビッチ(右)(2017年6月17日)
『FIFAコンフェデレーションズ杯2017』が6月17日に開幕した。ニュージーランド代表はオープニングゲームで開催国ロシアに敗れたが、次戦に向けて闘志は熱く燃えている。

ロシアの猛攻に対して全員で守り続けたニュージーランド。前半31分に先制を許すと後半にも1点を失う0-2で敗れたが、最後まであきらめることなく戦い続けた。

GKのステファン・マリノビッチは初戦に敗れたあとでも、「変わらず信念を抱いている」とした。

「このチームには誰ひとちネガティブな考え方をする人間も、した人間もいない。それがオールホワイツに入るためにしなければならない唯一のことだ。その信念を持つことが必要だし、常に前向きであることが必要だ」

マリノビッチの意見にDFデクラ・ウィンも賛同を示す。

「ステファンが話したようにここには大きな信念があるし、僕らは決してあきらめない。僕らキウイズというのはそういうものさ。同じだけの決意と闘争心を持って僕らは次の試合に臨む。また僕らの気持ちを打ち出してプレーするよ」
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top