つば九郎、今年も“つば九郎米”の田植えが完了「あきには、みのりにみのってるでしょう」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

つば九郎、今年も“つば九郎米”の田植えが完了「あきには、みのりにみのってるでしょう」

イベント 文化

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
ヤクルトスワローズのマスコット・つば九郎が5月28日、「つば九郎米」の田植え作業が完了したことをブログで報告している。

「どろんこ。 」と題して、この日の午前中に更新されたブログ。「ねむいもんは、ねむい。。。」と田植えの日の朝は早かったようで、目をこするつば九郎。「きょうは、つばくろうまいの、たうえで、つばめしにいます。」と新潟県燕市にいることを報告している。

「きょうのかいじょう~ぱちり。」とつば九郎は、田植えする田んぼの写真など数枚を投稿。「おやっ、くもが。。。」と空は雲に覆われているが、つば九郎はやる気満々。「いねも、たいきなう。みんな~どろまみれになろう~でへへ。おすなよおすなよ~。」とはしゃいでいる様子がうかがえる。

夕方には「うぃんうぃん。 」とエントリー。「あさてんきわるかったのに、たうえのときは~ぱちり。」とつば九郎は、晴天もとに広がる田んぼの写真を掲載。水面から小さな稲が顔を出している。「みなさんのおかげさまで、ぶじにたうえもおわりました!あきには、みのりにみのってるでしょう!!!9がつの、いねかりもまちどーしいね。」と続け、早くも秋の収穫を心待ちにしている。

ブログにファンからは、「たうえ、おつかれさまです。おいしいおこめが、みのりますように!」「秋の稲刈りが楽しみだね!」「いいおこめ、できますように~!」「たんぼのぬる~い泥に足をいれると、なんとも言えない気持ちになるのよね」「田植がんばったから、神様からのご褒美かも?チームも勝って良かったね!最下位脱出!」などのコメントが寄せられていた。

ヤクルトと燕市は、“ツバメ”の縁をきっかけに2011年から交流。そのプロジェクトの一環で毎年、同市で「つば九郎米」を作り、つば九郎も田植えや稲刈りのイベントに参加している。
《桜川あさひ》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top