ラーム、アロンソを送り出したバイエルン…アンチェロッティ監督も感謝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ラーム、アロンソを送り出したバイエルン…アンチェロッティ監督も感謝

スポーツ 短信

バイエルン・ミュンヘンのフィリップ・ラーム(2017年5月20日)
  • バイエルン・ミュンヘンのフィリップ・ラーム(2017年5月20日)
  • バイエルン・ミュンヘンのシャビ・アロンソ(2017年5月20日)
  • バイエルン・ミュンヘンのカルロ・アンチェロッティ 参考画像(2017年2月11日)
ドイツ・ブンデスリーガ最終節が5月20日に行われた。バイエルン・ミュンヘンはホームでフライブルクと対戦し4-1で勝利した。試合後には優勝を祝い、この試合が現役ラストマッチになったフィリップ・ラーム、シャビ・アロンソらを送り出した。

前半4分にアリエン・ロッベンのゴールで先制したバイエルン。その後も試合を支配して多くのチャンスを作り出す。だがフライブルクも身体を張った守りで追加点は与えず前半を1-0で折り返した。

バイエルンが追加点を奪ったのは後半28分。ロッベンからパスをもらったアルトゥーロ・ビダルが、エリア外からのシュートを突き刺し2-0とする。終盤にゴールラッシュがあったバイエルンはホームでの最終節を大勝。最高の形で今シーズンを締めくくった。

試合後の会見でカルロ・アンチェロッティ監督は「アロンソとラーム。そして全員にとって感動的な一日になった」と語っている。

「彼らに感謝の言葉を贈りたい。彼らは素晴らしいシーズンを送った。素晴らしいキャリアも築いてきたが、いまの我々は前へと目を向けて良い代役探しに努めねばならない」
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top