青木宣親が先発で1安打、日米通算2000本まで残り「13」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

青木宣親が先発で1安打、日米通算2000本まで残り「13」

スポーツ 短信

日米通算2000本まで残り「13」と迫った青木宣親(2017年4月6日)
  • 日米通算2000本まで残り「13」と迫った青木宣親(2017年4月6日)
ヒューストン・アストロズの青木宣親が5月11日、ニューヨーク・ヤンキース戦に九番・左翼手で先発して3打数1安打、1盗塁をマークした。試合はアストロズが3-2で勝利している。

青木は三振、投ゴロと2打席凡退が続いた。しかし、七回の第3打席では初球を積極的に叩いて二塁打。後続が倒れて得点には結びつかなかったが、この一打でヤンキース先発のマイケル・ピネダを降板させた。

チームも競り勝って4連勝。アメリカン・リーグ西地区で首位を独走している。


日米通算2000本安打まで残り13本に迫った青木へファンからは、「5月中には達成してほしい」「今シーズン中に達成するのは間違いない。早い時期にやっってほしいな」「メジャーでも安定して.280を残し続ける安定感が凄い」「青木は大崩しないから計算できるね」などの声が寄せられている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top