ヤクルト、雄平の決勝弾で接戦を制す…巨人は好投の田口麗斗を援護できず | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ヤクルト、雄平の決勝弾で接戦を制す…巨人は好投の田口麗斗を援護できず

スポーツ 短信
野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
ヤクルトは4月29日、神宮球場で巨人と対戦。1点を争う接戦は雄平外野手の決勝弾により、2-1で勝利した。

ヤクルトは0-0で迎えた7回裏、1死一塁の場面で雄平が2点本塁打を放ち試合の均衡を破る。その後、巨人の阿部慎之助内野手に適時打を浴びて1点を返されるも、8回途中1失点と好投した先発の小川泰弘投手ほかリリーフ陣が踏ん張り、1点差を守りぬいた。

小川は今季3勝目。巨人は、先発の田口麗斗投手が6回無失点の好投を見せたが、打線が振るわず援護できなかった。


《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top