阪神・福留孝介が大暴れ、決勝本塁打含む4安打3打点…巨人は打線が沈黙 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

阪神・福留孝介が大暴れ、決勝本塁打含む4安打3打点…巨人は打線が沈黙

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
阪神は4月21日、東京ドームで巨人と対戦。4番・福留孝介が決勝本塁打含む4安打3打点と大暴れし、4-1で勝利した。

阪神は初回、1死一、二塁の好機を作ると、福留がライトスタンドへ3点本塁打をたたき込み、一挙に3点を先制。3回裏、巨人の阿部慎之助内野手の犠飛で1点を返されるも、5回表には、北條史也内野手が満塁の好機で押し出し四球を選び、貴重な1点を追加した。

投げては、先発のメッセンジャー投手が8回1失点の好投を見せ、勝利に貢献。対する巨人は、先発のマイコラス投手が序盤に手痛い一発を打たれるなど試合の主導権を握れず、打線も5安打と沈黙した。


《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top