森秋彩、14mの壁を完登…クライミング日本ユース選手権リード競技 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

森秋彩、14mの壁を完登…クライミング日本ユース選手権リード競技

スポーツ 短信
スポーツクライミング日本ユース選手権リード競技大会2017が開催。女子ユースBで優勝した森秋彩(2017年4月16日)
  • スポーツクライミング日本ユース選手権リード競技大会2017が開催。女子ユースBで優勝した森秋彩(2017年4月16日)
  • スポーツクライミング日本ユース選手権リード競技大会2017が開催。女子ユースBで優勝した森秋彩(2017年4月16日)
  • スポーツクライミング日本ユース選手権リード競技大会2017が開催(2017年4月16日)
  • スポーツクライミング日本ユース選手権リード競技大会2017が開催(2017年4月16日)
  • スポーツクライミング日本ユース選手権リード競技大会2017が開催。女子ユースBに出場した伊藤ふたば(2017年4月16日)
  • スポーツクライミング日本ユース選手権リード競技大会2017が開催(2017年4月16日)
  • スポーツクライミング日本ユース選手権リード競技大会2017が開催。男子ジュニア表彰台(2017年4月16日)
  • スポーツクライミング日本ユース選手権リード競技大会2017が開催。男子ユースA表彰台(2017年4月16日)
スポーツクライミング日本ユース選手権リード競技大会2017の決勝が4月16日、千葉県印西市の松山下公園総合体育館で開催された。3月の日本選手権で3位入賞の森秋彩(あい、茨城県連盟)が女子ユースBで完登を決め、強さを見せた。

大会は男女ともにジュニア(1998年、1999年生まれ)、ユースA(2000年、2001年生まれ)、ユースB(2002年、2003年生まれ)、ユースC(2004年、2005年生まれ)の4カテゴリーで実施。高さ12m以上の壁をロープで安全を確保しながら登った高さを競うリード。決勝は高さ14m、最大斜度160°、幅4mの壁で行われ、難易度は男子が5.13c、女子が5.13aに設定された(ユースCは男子が5.13a、女子が5.12d)。

手前が男子、奥が女子の決勝課題

ユース日本代表経験者も多く参加した今大会で、特に注目を集めたのは女子ユースBの森と伊藤ふたば(岩手県連盟)だ。日本選手権では優勝した野口啓代(茨城県連盟)、2位の大田理裟(山口県連盟)に次いで森が3位、伊藤が4位と入り、ワールドカップ経験も豊富な上位2選手に迫る勢いで会場を沸かせた。

昨年のユースCで優勝している森は、「去年よりもキツい練習をしてきた。全力を出し切れるように、あまり深く考えずに登った。練習の成果が出て良かった」と振り返った。持久力を落とさずに、ボルダリング能力を上げて突破する力を強化。前日の予選、決勝ともにトップまで登りきった。決勝で完登できたのは男女合わせても森だけだった。

完登した森秋彩選手

「オブザベーション(下見)通りに登れた。最後の方は一か八かギリギリだったが、登りたい気持ちで押し切った」

2003年生まれの中学2年生。世界ユース選手権日本代表にも内定され、「世界には強い選手がいっぱいいる。世界の中で自分がどれくらい強いのかわかるので楽しみ」と異国のライバルたちとの戦いに意気込みを見せた。

昨年ユースBで優勝し、最近はリードを中心に練習をしていた伊藤。4位に終わり「もっと持久力をつけて、(支点確保時の)ちょっとしたミスを無くしていきたい」と話す。1月開催のボルダリングジャパンカップでは野口らトップ選手を押さえて史上最年少優勝、これまで以上に注目を浴びるようになった。来月開催の日本ユース選手権ボルダリング競技大会で巻き返しを狙いたい所だろう。

伊藤ふたば選手

2020年東京五輪で正式種目として採用されたスポーツクライミング。五輪では「リード」「ボルダリング」「スピード」の複合種目として実施される。リードとボルダリングは日本選手の海外での活躍も著しいが、スピードは国内で練習場所も限られるため今後の強化が期待されている。

■スポーツクライミング日本ユース選手権リード競技大会2017 成績
・男子ジュニア優勝:中上太斗(福岡県連盟)
・男子ユースA優勝:田中修太(新潟県連盟)
・男子ユースB優勝:抜井亮瑛(奈良県連盟)
・男子ユースC優勝:田中裕也(岐阜県連盟)
・女子ジュニア決勝:田嶋あいか(三重県連盟)
・女子ユースA優勝:小島果琳(岐阜県連盟)
・女子ユースB優勝:森秋彩(茨城県連盟)
・女子ユースC優勝:美谷島ももか(東京都連盟)
《五味渕秀行》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top