スタンリッジが5回1失点の好投、オープン戦絶好調のロッテが阪神に勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

スタンリッジが5回1失点の好投、オープン戦絶好調のロッテが阪神に勝利

スポーツ 短信

ZOZOマリンスタジアム(2016年12月4日)※撮影当時の名称はQVCマリンフィールド
  • ZOZOマリンスタジアム(2016年12月4日)※撮影当時の名称はQVCマリンフィールド
ロッテ対阪神のオープン戦がZOZOマリンスタジアムで3月20日に行われ、ロッテが6-3で勝利した。オープン戦好調のロッテはジェイソン・スタンリッジが5回1失点、大嶺翔太が2安打1打点の活躍を見せた。

先発のスタンリッジは初回に糸井嘉男にヒットを打たれるが、続く福留孝介をファーストゴロに打ち取っている。五回に2アウト一、三塁から高山俊にタイムリーを打たれるが追加点は与えず先発投手の役割を果たした。

ロッテは1-1の五回裏に2アウト一、二塁から井上晴哉がタイムリー二塁打。平沢大河が振り逃げの間にランナーふたり還ってきた。七回には平沢、大嶺の連続タイムリーで加点。九回に2点を返されるが最後は江越大賀を打ち取って勝利している。


2月25日から始まったオープン戦でまだ1敗しかしていないロッテ。好調のチームにファンからは、「シーズン中もよろしくお願いします」「投手が試合をつくり、出塁したら得点!いいですね!」「怖いくらいに勝ちますねぇ。点は取られないし、上手く点を取れているし、負けるわけがないって感じです」「勢いが落ちないのが凄い」と期待の声が寄せられている。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top