別府史之、入院治療中の子ども励ます「チーム・ビーズ・オブ・カレッジ」アンバサダーに就任 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

別府史之、入院治療中の子ども励ます「チーム・ビーズ・オブ・カレッジ」アンバサダーに就任

ライフ 社会
別府史之、入院治療中の子ども励ます「チーム・ビーズ・オブ・カレッジ アンバサダー」に就任
  • 別府史之、入院治療中の子ども励ます「チーム・ビーズ・オブ・カレッジ アンバサダー」に就任
  • 別府史之、入院治療中の子ども励ます「チーム・ビーズ・オブ・カレッジ アンバサダー」に就任
  • 別府史之、入院治療中の子ども励ます「チーム・ビーズ・オブ・カレッジ アンバサダー」に就任
  • 別府史之、入院治療中の子ども励ます「チーム・ビーズ・オブ・カレッジ アンバサダー」に就任
  • 別府史之、入院治療中の子ども励ます「チーム・ビーズ・オブ・カレッジ アンバサダー」に就任
  • 別府史之、入院治療中の子ども励ます「チーム・ビーズ・オブ・カレッジ アンバサダー」に就任
  • 別府史之、入院治療中の子ども励ます「チーム・ビーズ・オブ・カレッジ アンバサダー」に就任
  • 別府史之、入院治療中の子ども励ます「チーム・ビーズ・オブ・カレッジ アンバサダー」に就任
プロサイクリストの別府史之が、入院治療中の子どもたちの心を支える「チーム・ビーズ・オブ・カレッジ」のアンバサダーに就任した。

「チーム・ビーズ・オブ・カレッジ」は、小児がんや重い病気で入院治療中の子ども達をビーズで勇気づけ、励ますプログラムだ。

参加者はフルマラソンや自転車レースなど何かにチャレンジする機会にハンドメイドのビーズを2個身につけ、チャレンジ終了後、入院治療中の子どもに勇気とパワーがつまったビーズのうちのひとつをメッセージカードとともに贈る。

チーム・ビーズ・オブ・カレッジのアンバサダーとして、2012年から子ども達の心を支える活動を行っている別府は、レースの度に異なるビーズを胸元につけて参戦。開催地を背景にしたショットや工夫のある写真を撮影し、Facebookにアップしている。別府は2017年もアンバサダーとして活動。ビーズをつけてドバイ・ツアー(UCI AsiaTour 2.HC)や、アブダビ・ツアー(UCI WorldTour)に参戦する。

シャイン・オン・キッズの行うこの取り組みには現在、一般から延べ1800名が参加している。

《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top