【WBC2017】侍ジャパン・宮西、岡田、松井…“左腕トリオ”が終盤を無失点リレー | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【WBC2017】侍ジャパン・宮西、岡田、松井…“左腕トリオ”が終盤を無失点リレー

スポーツ 短信
台湾選抜戦で侍ジャパンのリリーフ陣が揃って好投(2017年2月28日)
  • 台湾選抜戦で侍ジャパンのリリーフ陣が揃って好投(2017年2月28日)
  • 台湾選抜戦で侍ジャパンのリリーフ陣が揃って好投(2017年2月28日)
  • 台湾選抜戦で侍ジャパンのリリーフ陣が揃って好投(2017年2月28日)
野球日本代表・侍ジャパンは2月28日、福岡ヤフオク!ドームで台湾プロ野球選抜と壮行試合で対戦。期待された投手陣が17安打を浴び8失点と振るわず、5-8で敗れた。

そんな中、終盤を無失点リレーでつないだリリーフ陣は明るい材料だ。中盤に2番手で登板した牧田和久投手(西武)は4失点、続いてマウンドに上がった増井浩俊投手(日本ハム)も1失点とピリッとしなかったが、7回から登板した宮西尚生投手(日本ハム)は3者連続三振と好投。台湾選抜の右打者は外角からストライクゾーンに入ってくる宮西のスライダーを見送るしかなく、内角に食い込んでくる球にはバットが空を斬った。

8回から登板した岡田俊哉投手(中日)も好投。走者を出しながらもピンチを迎えてからセットアッパーとしての真骨頂を発揮。落ち着いた投球を見せ、最後は落ちる球で空振り三振で抑えた。

最終回のマウンドを任された松井裕樹投手(楽天)はソフトバンクとの練習試合で登板した時には精彩を欠いたが、この日は低めを意識した慎重な投球。速いチェンジアップを低めに集めるなど打たせてとる投球で3者凡退に抑えた。

連打を浴びるなど今後に不安を残した先発の則本昴大投手(楽天)や牧田とは対照的に、リリーフ陣はシーズン中と変わらない落ち着いた投球で首脳陣を安心させた。
《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top