リバプールがFA杯4回戦で敗退、2部クラブに敗れる | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

リバプールがFA杯4回戦で敗退、2部クラブに敗れる

スポーツ 短信
リバプール対ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ(2017年1月28日)
  • リバプール対ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ(2017年1月28日)
  • リバプール対ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ(2017年1月28日)
FA杯4回戦が1月28日に行われ、リバプールは2部のウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFCと対戦し、2点のリードを許して追いつくことができず1-2で敗れた。ホームに詰めかけた観客の前で早期敗退が決まった。

25日にイングランド・フットボールリーグ杯を戦ったばかりのため、若手を多く起用して臨んだリバプール。ユルゲン・クロップ監督のプランは開始早々の失点によって狂わされる。

ウルヴァーハンプトンにFKを与えてしまうと、ゴール前に蹴り込まれたボールをヘディングシュートで決められ失点。この一撃で萎縮してしまったか、リバプールは横へのパスが多く前に圧力を掛けるシーンが増えない。

そうしてるうちにボールを奪われ、カウンターから前半41分に失点。格下相手に若手主体で勝って弾みをつけるはずが、後半の頭からフィリペ・コウチーニョを投入させられてしまう。それでも攻撃にリズムとアイディアが戻らないリバプールは、後半29分までに交代カード3枚を使い反撃の糸口を探す。

ようやく1点を返したのは後半41分。CKからゴール前の混戦になり、最後はディヴォック・オリジが右足で合わせた。同点を信じて声援を送るホームのファン。しかし、チームがそれに応えることはできなかった。


1月21日に行われたイングランド・プレミアリーグ第22節で、当時最下位だったスウォンジー・シティに敗れるなど、2017年の公式戦成績は1勝3分け4敗。

苦戦が続くチームにサッカーファンからは、「次はホームでチェルシー戦。立て直せるかな」「ポジティブに考えればリーグ戦に集中できるが、今のリバプールは狙い目でしかない」「リバプールは泥沼だな」「リバプールが大失速。チェルシーも気を抜けないな」「今年に入ってからリバプールの失速がとんでもないことになってるんだけど」などの声が寄せられている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top