コウチーニョの復帰を示唆…リバプールのクロップ監督 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

コウチーニョの復帰を示唆…リバプールのクロップ監督

スポーツ 短信

フィリペ・コウチーニョ 参考画像(2016年9月26日)
  • フィリペ・コウチーニョ 参考画像(2016年9月26日)
  • リバプールのユルゲン・クロップ監督 参考画像(2016年12月4日)
イングランド・フットボールリーグ杯準決勝を前に、リバプールのユルゲン・クロップ監督がコウチーニョのケガの状態について言及し、「メンバー入りできる状態にあると思う」とコメントした。

コウチーニョは11月26日に行われたイングランド・プレミアリーグ第13節、サンダーランド戦で足首を負傷。検査の結果はじん帯損傷により、少なくとも6週間の離脱というものだった。それまで全試合に出場し5ゴールを挙げていただけに、早期復帰が期待された。

「離脱は長い期間だった。だから彼は特に練習に時間を費やす必要があったが、その後できるだけ早く試合に出る必要がある。これからどうするか様子を見ていく。まだ最終決断を下していないんだ」

まだチーム練習には3、4回しか参加していないが、メンバー入りするには十分なコンディションだと話す様子からは、コウチーニョにかける期待の大きさがうかがえた。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top