2016年のお天気10大ニュース…1位「熊本を中心に相次ぐ災害」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

2016年のお天気10大ニュース…1位「熊本を中心に相次ぐ災害」

ライフ 社会
2016年のお天気10大ニュース…1位「熊本を中心に相次ぐ災害」
  • 2016年のお天気10大ニュース…1位「熊本を中心に相次ぐ災害」
  • 2016年のお天気10大ニュース…1位「熊本を中心に相次ぐ災害」
  • 2016年のお天気10大ニュース…1位「熊本を中心に相次ぐ災害」
  • 2016年のお天気10大ニュース…1位「熊本を中心に相次ぐ災害」
  • 2016年のお天気10大ニュース…1位「熊本を中心に相次ぐ災害」
  • 2016年のお天気10大ニュース…1位「熊本を中心に相次ぐ災害」
  • 2016年のお天気10大ニュース…1位「熊本を中心に相次ぐ災害」
  • 2016年のお天気10大ニュース…1位「熊本を中心に相次ぐ災害」
日本気象協会は、日本気象協会に所属する気象予報士のうち100名が選ぶ「日本気象協会が選ぶ2016年お天気10大ニュース・ランキング」を発表した(「tenki.jpラボ」調べ)。

ランキングは11月上旬までの情報で選定。2016年に最も印象に残ったお天気ニュースには、他と大きく差をつけて「地震・大雨・火山噴火 熊本を中心に相次ぐ災害」が選ばれた。

4月に発生した熊本県熊本地方の地震を皮切りに、6月に発生した西日本を中心とする大雨、10月に発生した阿蘇山の爆発的噴火など、甚大な被害をもたらした災害が局地的に相次いだことが強く印象に残ったと考えられる。

熊本県熊本地方を震源とする最大震度7の地震は、4月14日21時26分と16日1時25分に2度発生。最大震度7を記録した地震は、2011年3月11日の東日本大震災以来となった。最大震度7を28時間以内に2回観測したのは、1923年の観測開始以来はじめて。

さらに、6月19日から25日にかけて本州付近に梅雨前線が停滞し、その前線上を低気圧が次々と通過したため、西日本を中心に大雨となり、土砂災害、浸水害などが発生した。その後、阿蘇山の中岳第一火口で、1980年以来となる爆発的噴火が10月8日1時46分に発生。噴石や火山灰による影響が広範囲に及んだ。

2位には「北海道に台風上陸3個 被害相次ぐ」が選ばれた。8月17日、北海道に台風第7号が上陸。21日に台風第11号、23日に台風第9号が上陸し、1週間で3つの台風が北海道に上陸した。北海道に1年に台風が3個上陸するのは、1951年の統計開始以来はじめて。

これにより東日本から北日本を中心に大雨や暴風となり、特に北海道や岩手県では記録的な大雨になった。8月後半は、北日本や関東地方を中心に総降水量600ミリを超えて大雨となった所があったほか、台風第7号上陸後に釧路市では、最大風速31.8メートルの暴風を観測するなど、大きく荒れた天候になった。

3位は「Uターン台風 豪雨被害・東北太平洋側に上陸は史上初」。8月19日に台風第10号が八丈島付近で発生。はじめは南西に進み、27日ごろからUターンして北寄りに進んだ。さらに、一時的に「大型で非常に強い台風」にまで発達した後、岩手県大船渡市付近に大型で強い勢力の状態で30日18時前に上陸した。

台風が東北地方の太平洋側に上陸したのは、1951年の統計開始以来はじめて。この台風がもたらした大雨により、河川の氾濫や土砂災害・浸水害が相次ぎ、岩手県や北海道を中心に北日本で多くの被害が発生した。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top