高田延彦、東京駅前でラグビーNZ代表と格闘「出てこいやーっ!」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

高田延彦、東京駅前でラグビーNZ代表と格闘「出てこいやーっ!」

東京・丸の内の行幸通りで12月1日、子どもたちがラグビーニュージーランド(NZ)代表や元プロレスラーの高田延彦さんらと世界トップレベルのタックル、トライなどを学んだ。

イベント スポーツ
ラグビーニュージーランド代表、高田延彦、大西将太郎らが参加したラグビー交流イベント(東京駅 丸の内、12月1日)
  • ラグビーニュージーランド代表、高田延彦、大西将太郎らが参加したラグビー交流イベント(東京駅 丸の内、12月1日)
  • ラグビーニュージーランド代表、高田延彦、大西将太郎らが参加したラグビー交流イベント(東京駅 丸の内、12月1日)
  • ラグビーニュージーランド代表、高田延彦、大西将太郎らが参加したラグビー交流イベント(東京駅 丸の内、12月1日)
  • ラグビーニュージーランド代表、高田延彦、大西将太郎らが参加したラグビー交流イベント(東京駅 丸の内、12月1日)
  • ラグビーニュージーランド代表、高田延彦、大西将太郎らが参加したラグビー交流イベント(東京駅 丸の内、12月1日)
  • ラグビーニュージーランド代表、高田延彦、大西将太郎らが参加したラグビー交流イベント(東京駅 丸の内、12月1日)
  • ラグビーニュージーランド代表、高田延彦、大西将太郎らが参加したラグビー交流イベント(東京駅 丸の内、12月1日)
東京・丸の内の行幸通りで12月1日、子どもたちがラグビーニュージーランド(NZ)代表や元プロレスラーの高田延彦さんらと世界トップレベルのタックル、トライなどを学んだ。

ケガを予防しながらラグビーを体験するイベントが行われ、小学5・6年生ら130人が参加し、ラグビーの楽しさを体感した。

夏をむかえる南半球のニュージランドから、冬の東京へ。ラグビーNZ代表「オールブラックス」のメンバーは、丸の内の青い空のもと世界トップレベルのタックルやトライを子どもたちに伝授。日本の子どもたちと体をぶつけ合い、ラグビーの醍醐味を伝えた。

同チームのジェローム・カイノ選手は、「このイベントで子どもたちにケガ予防の大切さを学んでもらえたと思う。今後、子どもたちがスポーツについて学び、ケガなく安全に楽しんでくれることを願っている」と伝えた。

また、イベント冒頭に「世界最高峰の男たち、出てこいやーっ!」と叫んだ高田さんは、「オールブラックスの選手たちは、まさに、男のなかの男だったね。大きな身体と実力はもちろん、事前準備の大切さをすごくよく理解している。まさに“ACTIVE CARE”。世界最強のチームをつくりあげているんだなって実感した」と感想を語った。

このイベントを仕掛けたのは、新事業戦略コンセプト「ACTIVE CARE」を掲げたAIGグループ。ラグビーNZ代表とスポンサー契約するAIGジャパン・ホールディングスのロバート・ノディン社長は、「オールブラックスは、リスクを減らすために積極的に行動することでチャンピオンの立場を維持し続けることができる。そういうことを実際に試してくれています。これはまさに、ACTIVE CARE のコンセプトに合致する」と伝えていた。

同じくこのイベントに参加した、元ラグビー日本代表の大西将太郎さんは、「世界最強チームの選手と触れ合えたことで、子どもたちがラグビーにもっと関心を持ってくれるとうれしい。2019年、日本で開催するラグビーワールドカップ2019の成功を願っている」と期待を込めた。
《大野雅人》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代
page top