ヤマハ発動機、スポーツボート2017年モデル9タイプを順次投入 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ヤマハ発動機、スポーツボート2017年モデル9タイプを順次投入

ヤマハ発動機は、『242 Limited S E-Series』『212X』『AR210』『AR195』のニューモデルをはじめとするスポーツボート2017年モデルを、12月1日から順次発売する。

新着 製品/用品
242 Limited S E-Series
  • 242 Limited S E-Series
  • 212X
  • AR210
  • AR195
ヤマハ発動機は、『242 Limited S E-Series』『212X』『AR210』『AR195』のニューモデルをはじめとするスポーツボート2017年モデルを、12月1日から順次発売する。

2017年モデルは4タイプのニューモデルを投入し、全9モデルをラインアップする。販売目標は合計100隻。

2017年モデルは、直進時の操船性、保針性能、低速時の舵効きを高める「可動式キール」や、マリーナ内など徐行が必要なエリアで安定した低速走行をサポートする「ノーウェイク・モード」を装備する。

長時間のクルージング時、一定のエンジン回転数での走行を保持する「クルーズ・アシスト・システム」や、スロットルを少し前方に倒すことにより推進力が下方に作用し、安定した低速走行を実現、引き波を立てたくないマリーナ内での走行や着岸時に効果を発揮する「スラスト・ディレクショナル・エンハンサー」も装備する。

242 Limited S E-Seriesは、総排気量1812ccのNAエンジンを2基搭載し、スピード性能、加速性能を発揮する。ドライブバイワイヤ機構の採用により、スムーズ、容易なシフト&スロットル操作が可能で、1本のシフトレバーで2基のエンジンを同時に操作する機能を搭載する。「Connext」の搭載により、エンジン回転数、スピード、燃費、水深をはじめとするさまざまな情報を集中管理する。価格は1073万7700円(消費税別)。

212Xは、総排気量1812ccのNAハイアウトプットエンジンを2基搭載する。ウォーターバラストを3カ所に設置し、使い方に適したウェイキを提供する。価格は882万2200円(消費税別)。

AR210は、軽量・コンパクト設計で高出力を発揮する専用エンジン「TR-1 HO」を2基搭載する。コックピットにはアナログ式のメーターと「Connext」を搭載。価格は729万5200円(消費税別)。

AR195は、コンパクトなハルに、総排気量1812ccのスーパーチャージャー付きSVHOエンジンをスポーツボートに初めて採用した。チーク柄素材を採用したスイミングプラットフォーム、オーニングの装着を可能とするウェイクゲート、マリンオーディオ、シートなど1クラス上の居住空間と機能性を提供する。価格は614万0300円(消費税別)。
《レスポンス編集部@レスポンス》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top