フリースタイルフットボール世界大会、日本人チームが2年連続でトップ3獲得 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

フリースタイルフットボール世界大会、日本人チームが2年連続でトップ3獲得

イベント スポーツ
フリースタイルフットボール世界大会、日本人チームが2年連続でトップ3獲得
  • フリースタイルフットボール世界大会、日本人チームが2年連続でトップ3獲得
  • フリースタイルフットボール世界大会、日本人チームが2年連続でトップ3獲得
  • フリースタイルフットボール世界大会、日本人チームが2年連続でトップ3獲得
  • フリースタイルフットボール世界大会、日本人チームが2年連続でトップ3獲得
  • フリースタイルフットボール世界大会、日本人チームが2年連続でトップ3獲得
  • フリースタイルフットボール世界大会、日本人チームが2年連続でトップ3獲得
  • フリースタイルフットボール世界大会、日本人チームが2年連続でトップ3獲得
  • フリースタイルフットボール世界大会、日本人チームが2年連続でトップ3獲得
フリースタイルフットボールの世界大会となるSUPER BALL2016で、日本人チームのALEG-Re(アレッグ)がソロ・ルーティン部門2位、ダブル・ルーティン部門3位を獲得した。

フリースタイルフットボールは、リフティングやドリブルなどのサッカーテクニックにダンス要素を採り入れ、独自に発展させたストリートスポーツだ。YOSSHI(ヨッシー)、YU-J(ユージ)、i-zu(イズ)の3人から成るアレッグは、アジア人で初めて前年のSUPER BALL2015で世界チャンピオンに輝いた。

SUPER BALL2016へは、初の連覇を目指して出場。パフォーマンス開始早々、音響トラブルが発生するというアクシデントに見舞われたが、トラブルをものともしない演技を披露した。しかし、最も盛り上がりを見せる終盤のラスト10秒で、再度音響トラブルが発生。大会運営側はこのハプニングに対応を検討したが、連覇は叶わなかった。

アレッグはソロ・ルーティン部門2位、ダブル・ルーティン部門3位の2年連続世界トップ3位という結果となったが、これは日本人最高位であり、アジア人初の快挙となる。アレッグは大会の結果を伝えるべく、10月3日に京都府庁へ表敬訪問することが決定。故郷の京都で山田啓二知事に大会結果を報告する。

《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top