【リオ2016】オリンピック・パークの会場警備…必要最低限の印象 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【リオ2016】オリンピック・パークの会場警備…必要最低限の印象

イベント スポーツ
リオデジャネイロ五輪、オリンピック・パークの会場警備は必要最低限の印象(2016年8月6日)
  • リオデジャネイロ五輪、オリンピック・パークの会場警備は必要最低限の印象(2016年8月6日)
  • リオデジャネイロ五輪、オリンピック・パークの会場警備は必要最低限の印象(2016年8月6日)
リオデジャネイロ五輪が始まった。開幕式直前のマラカナン・スタジアム周辺では物々しい警備が行われていたが、いざ大会が始まってみると、警備は必要最低限に切り替わったように感じる。

開会式翌日の8月6日、競技場が複数あるバーラ・オリンピック・パークに足を向けた。BRT(バス高速輸送システム)を降りて会場に着くと、軍人の姿はあるものの、数は少ない。

前日は街中で装甲車も見かけたが、この日は人員輸送のトラックがあるだけだ。



観客たちはカメラやスマートフォンで記念撮影などをしている。リオデジャネイロ市の治安の悪さから「人前でスマートフォンを使うのは控えましょう」といった注意喚起を聞いていたが、バーラ・オリンピック・パークは普通のテーマパークのように楽しめそうだ。平和の祭典だけに、そうでなくては困るのだが。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top