ジンズ・ミームとライフ・フィットネス・ジャパン、次世代ランニングソリューションを開発 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ジンズ・ミームとライフ・フィットネス・ジャパン、次世代ランニングソリューションを開発

新着 技術
ジンズ・ミームとライフ・フィットネス・ジャパン、次世代ランニングソリューションを開発
  • ジンズ・ミームとライフ・フィットネス・ジャパン、次世代ランニングソリューションを開発
  • ジンズ・ミームとライフ・フィットネス・ジャパン、次世代ランニングソリューションを開発
  • ジンズ・ミームとライフ・フィットネス・ジャパン、次世代ランニングソリューションを開発
ジェイアイエヌは、ライフ・フィットネス・ジャパンと共同で、センシング・アイウエア「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」の公式アプリ「JINS MEME RUN(ラン)」を活用したフィットネス向けソリューションの開発を開始する。

両社は互いの技術と知見を融合し、次世代ランニングソリューションの開発に着手。ライフ・フィットネス・ジャパンが販売するトレッドミル(ランニングマシン)と、ランニングフォームを可視化するジンズ・ミーム・ランを連動させることで、今までにない次世代ランニングソリューションの開発に取り組む。

ライフ・フィットネス・ジャパンは、400種類以上に及ぶフィットネスマシンを開発し、世界各地のフィットネス施設や個人ユーザーに提供するライフ・フィットネス社の日本法人。国内フィットネス業界でのトレーニングデータの趨勢にいち早く対応するために、今回の合意に至った。

両社はライフ・フィットネス社のグローバルな開発力と、ジンズ・ミーム・ランの新規性を融合させ、次世代のデータ・フィットネスを牽引する新たなトレンドを創出する。ジンズ・ミーム ランは、ランニング中の頭部の動きをメガネに内蔵した6軸センサーで補足して、フォームの改善に向けたフィードバックを行うアプリケーション。

両社は、スポーツ・健康産業総合展示会「SPORTEC 2016」での共同展示を皮切りにソリューション開発を開始。同ブースでは、ジンズ・ミーム ランとライフ・フィットネス・ジャパンのトレッドミルを連動させたランニングソリューションのプロトタイプを初公開・展示する。

SPORTEC 2016の開催日時は、2016年8月2日(火)~4日(木)10:00-18:00(最終日は16:00まで)。会場は、東京ビッグサイト東4・5・6ホール。ブース番号6H-2110(東6 ホール HFJ エリア)。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top