日本ハム、田中賢介が値千金の決勝打…怒涛の7連勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

日本ハム、田中賢介が値千金の決勝打…怒涛の7連勝

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
日本ハムは6月29日、札幌ドームで西武と対戦。息詰まる投手戦は、田中賢介内野手の決勝打で日本ハムが5-3で勝利。怒涛の7連勝となった。

2回裏、日本ハムは二死満塁の好機を作ると、岡大海外野手が2点適時打を放って幸先よく先制。その後同点とされるも、7回裏には2死満塁の場面で田中が走者一掃の適時三塁打を放って3点の勝ち越しに成功した。

投げては3番手の宮西尚生投手が今季3勝目を挙げた。西武は最終回に1点を返すも、あと1歩およばなかった。


これに対して、早くも首位のソフトバンク戦をにらんだ発言をするファンの声が相次いでいた。






《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top