松岡修造、リオ五輪日本代表選手団にエール「とどけ勇気!airweave 応援」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

松岡修造、リオ五輪日本代表選手団にエール「とどけ勇気!airweave 応援」

イベント 文化

「エアウィーヴ 夏の快眠 体感フェア」に松岡修造が登壇(2016年6月28日)
  • 「エアウィーヴ 夏の快眠 体感フェア」に松岡修造が登壇(2016年6月28日)
  • 「エアウィーヴ 夏の快眠 体感フェア」に松岡修造が登壇(2016年6月28日)
  • 「エアウィーヴ 夏の快眠 体感フェア」に松岡修造が登壇(2016年6月28日)
  • 「エアウィーヴ 夏の快眠 体感フェア」に松岡修造が登壇(2016年6月28日)
  • 「エアウィーヴ 夏の快眠 体感フェア」に松岡修造が登壇(2016年6月28日)
  • 「エアウィーヴ 夏の快眠 体感フェア」に松岡修造が登壇(2016年6月28日)
  • 「エアウィーヴ 夏の快眠 体感フェア」に松岡修造が登壇(2016年6月28日)
  • 「エアウィーヴ 夏の快眠 体感フェア」に松岡修造が登壇(2016年6月28日)
日本テニス協会強化本部副本部長でリオデジャネイロ五輪日本代表選手団の応援団長を務める松岡修造さん。東京・六本木ヒルズで6月28日から開催される「エアウィーヴ 夏の快眠 体感フェア」に登場してトークショーを行った。

松岡さんがエアウィーヴを意識したのは、テニスのジュニア選手を育成する『修造チャレンジ』がきっかけだという。ジュニア世代から睡眠について理解し、それを武器にすることで世界で活躍することができるようになると語り、自身が若い頃は考えもしなかったと振り返る。

「冷静に考えると(遠征で)毎週違うホテルで毎回違うベッド、枕で同じ睡眠が取れるわけがない。ただ、それを自分たちが変えていけば、どのホテルに行っても自分の睡眠を取れる。そういう形をエアウィーヴが作ってくれた」

「イヤな言い方ですけど」と前置きして、「飛行機はアスリートにとってストレス」と断言。「そこをどのようにして自分にの居心地よくできるか。それは工夫ですね。そこにエアウィーヴが必要なものになっている」と続ける。

「僕も香港からリオに飛んで、そのまま試合ということはあったがまったく(試合で)動けなかった。それは飛行機に乗ってる間の過ごし方が悪かった。日本代表というとすごく優遇されている感じがするが、基本的にベースはみんなエコノミー。その中でどういい条件にもっていくか、相当難しい。マットを含めてエアウィーヴが(リオデジャネイロ五輪の日本代表に)提供するが、何がいいかって腰を痛めないとかそういうことよりも空気ですね。熱が出ていって温度調節をしてくれるのがマットレスの良さのひとつ。体的にも熱を出せることが重要」

エアウィーヴでは、リオデジャネイロ五輪に出場する日本代表選手たちに座クッションなど4アイテムを提供。リオデジャネイロまで約30時間になる長時間の飛行機移動で、少しでも選手たちが快適に過ごせるようにサポートする。

エアウィーヴは体感フェアに訪れた人が日本代表選手へのメッセージを書けるボードを用意。その最初のメッセージとして松岡さんは、『とどけ勇気!airweave 応援 まいにち修造』と書いた。

「選手だけじゃなく、(日本のファン)全員がオリンピックに参加するっていうことがメッセージ。僕らは選手から勇気をもらうけど、僕らは選手たちに勇気を届けよう。あと、日本からはリオまで相当遠いです。これair応援(※)じゃないと届かない、そういう想い」

「air応援はエアウィーヴと掛けているんですね!」と司会者が気づいた。松岡さんは「それしかないでしょ!」とキッパリ言うと、会場からは笑い声が起きた。

※:「air応援」だけでは類似するものが存在するため、記入後に「airweave 応援」とweaveを追記した

リオデジャネイロ五輪に出場する日本代表選手団を寝具でサポートするエアウィーヴは、6月28日~7月3日にかけて六本木ヒルズ内大屋根プラザで「エアウィーヴ 夏の快眠 体感フェア」を開催する。
《五味渕秀行》

編集部おすすめの記事

page top