サッカーU-16「インターナショナルドリームカップ」マリ代表が優勝…日本代表は2位 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

サッカーU-16「インターナショナルドリームカップ」マリ代表が優勝…日本代表は2位

イベント スポーツ

サッカーU-16「インターナショナルドリームカップ」マリ代表が優勝…日本代表は2位
  • サッカーU-16「インターナショナルドリームカップ」マリ代表が優勝…日本代表は2位
  • サッカーU-16「インターナショナルドリームカップ」マリ代表が優勝…日本代表は2位
U-16代表選手によるサッカー大会「U-16 インターナショナルドリームカップ2016 JAPAN」が6月22日~6月26日まで開催され、マリ代表が優勝した。日本代表は2位。

鳥取市営サッカー場バードスタジアムで開催された同大会には、U-16日本代表、U-16ハンガリー代表、U-16マリ代表、U-16メキシコ代表が出場。一回戦総当り形式で試合が行われた。

マリ代表は、優勝をかけてハンガリー代表と対戦した。15分、マリがPKのチャンスを得たが、ハンガリーGKのファインセーブにより失敗。しかし、ハンガリーGKのファウルによりPKがやり直しとなり、ハジ・ドラメがこれを決めた。先制したマリは攻撃の主導権を握り続け、3-0でハンガリーに勝利して優勝が決まった。

日本代表はメキシコ代表戦で怒涛のゴールラッシュを見せた。14分のFW棚橋尭士のゴールを皮切りに前半を3-0で終えると、後半に3点を追加。6-0でメキシコに勝利し、第2位で大会を終えた。

MVPはマリ代表のFWドラメ、得点王には日本代表のFW棚橋が選出された。

マリ代表監督のヨナスコク・コムラ氏は、「選手たちは、代表選手として来ていることに誇りを持っている。その気持ちの強さが今回の優勝に結びついた。マリの選手たちは生きるためにサッカーしかない、という状況。マリの子どもたちの夢はサッカー選手になることが一番」とコメントしている。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top