大谷翔平が7勝目…栗山監督「安定感が出てきた」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

大谷翔平が7勝目…栗山監督「安定感が出てきた」

スポーツ 短信

大谷翔平 参考画像(2015年3月21日)
  • 大谷翔平 参考画像(2015年3月21日)
日本ハムは6月26日に京セラドームでオリックスと対戦し6-0で勝利した。日本ハム先発の大谷翔平は7回を投げて3安打無失点、11奪三振、4四死球で今季7勝目をマークしている。

大谷は初回から四死球で1死一、二塁のピンチでT-岡田を迎える。このピンチを併殺打で切り抜けた大谷は二回、5番・投手として打席に入ると三塁強襲の内野安打。岡大海の適時打で生還し大谷は自ら先制のホームを踏んだ。

大谷は四回にも連打で1死一、三塁のピンチを迎えるが2者連続三振で脱する。その後は無安打に抑えオリックス打線に反撃の糸口すらつかませなかった。

7勝目を挙げた大谷は自身のできについて、「自分の仕事ができればいいと思ってマウンドに上がりました。ピンチも多かったですし、なんとか踏ん張れたのかなと思います」とコメント。前日の試合を見てオリックス打線は早打ちの傾向があったので、直球だけでなくスライダーを多く見せられたのが良かったと振り返っている。

大谷の好投にファンからは、「シーズン当初はどうなるかと思ったけど、やっぱり潜在能力と修正能力は半端じゃない」「ここから13連勝あるでしょ!」「序盤なかなか勝ち星に恵まれず、肉体改造失敗みたいに言われてたけど今は手が着けられない」「イニングイーターだし、でも三振多いし言うことがない」など絶賛の声が寄せられている。

日本ハムの栗山英樹監督は大谷について、「変わったね。あるところからバランスが良くなって、安定感が出てきた」とシーズン中にも改善が見られたとコメントした。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top